DMA0935-768x584
2018.12.23

おしゃれして待ち合わせ。 大好きな彼とカクテルにうっとり。背伸びしたい日の大人バー3軒

「平成最後の冬」。そんな実感なくても、こじつけでいい、大好きな彼とデートをしよう。今回は、ちょっと背伸びして行きたい、東京都内の美味しいバーをピックアップ。いつもよりおしゃれして、バーで待ち合わせるのも楽しいはず!

1.大人な雰囲気と日本酒にうっとり酔う。〈twelv.〉/広尾

DMA-160914_twelv-162

こちら、はじめて訪れる人は店内の暗さ、内装デザイン、そしてロシア人利酒師というサプライズに少なくとも3回驚くことになるので心の準備を。

A-160914_twelv-149

ドミーという愛称を持つ彼は世界コンクールでの受賞経験もあり、その日本酒愛と知識量は本物。厳選した日本酒とそれに合う肴だけを丁寧な解説と共に出してくれる。

A-160914_twelv-131

特に閉店時間を設けていないというのもいいところ。西麻布の夜は長く、そして深いのだ。

(Hanako1121号掲載/photo:Masayuki Nakaya(HASHIGO1), Masanori Wada(HASHIGO2・3) text:Shizuka Horikawa)

2.世界的バーが出店!日比谷限定オリジナルカクテルも。〈STAR BAR〉/日比谷

8b4b8f4a070b1d215e00a85e1f0089bd

World’s Best Barsにも選出されている〈スタア・バー〉が商業施設に初出店。12メートルのカウンターに20席を設置。

bfb4134f50287f934ec1971278cf7e11
1a3b73c57e645e57a0dac3fafacc089b

「世界に誇るバーが日比谷に出店することで、バー文化をもっと広げていきたいですね」(山口さん)。右写真のマイタイ(2,000円)ほかフルーツをふんだんに使ったカクテルも。

hoto : MEGUMI (DOUBLE ONE),
Tomo Ishiwatari (STAR BAR) text : Masako Seriza

3.開店直後に飛び込み、貸切状態で楽しむのも◎〈バー エルラギート〉/四谷三丁目

0951

店名はキューバの葉巻工場に由来。オーセンティックなバーでありながら、なんと営業は15時から。雑居ビルの3 階という立地もあり、開店直後に飛び込めば、貸切状態で楽しめる。

DMA0935

新宿の名店〈ル・パラン〉出身のバーテンダーがカウンターに立つ。少しの緊張とリラックスの間に、居心地の良さを楽しんでいただければ」とは店主の本多さん。

(Hanako1121号掲載:photo:Kayoko Ueda text:Shinji Yoshida)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る