OHT_0289-768x768
2018.12.27

女子も楽しい町 【巣鴨】話題のお店はどこ?インスタ映えスイーツからオーガニック料理まで。

ディープタウンの印象がある巣鴨エリア。ちょっと足を運べば、美味しくてインスタ映えするスイーツからオーガニック野菜を使うエスニック、遠方から通うファン多数の食堂など、気になる人気店を発見!

1.【移転情報あり】美味しいだけじゃない!野菜の旨味を生かしたネパール料理店〈Purja Dining〉

MG_0124_atari

おいしさの追求にいつも全力投球のプルジャさんのネパール料理店。なんと群馬に畑をもっていて、いずれ野菜食材はすべて自家製のオーガニックにしたいと考えているそう。

DMA-_MG_0134

写真・前の「チャウチャウサデコ」(650円)は新メニューの冷麺。干し飯チウラ、バトマスサデコ、アルコアチャルなどのワンプレート「カジャ・セット」(奥・1,000円)は、お酒のアテにもごはんにも打ってつけだ。

(Hanako1140号掲載)

2.遠方からもファンが集まる大人気店。〈巣鴨ときわ食堂 巣鴨本店〉

先代からの人気は「エビフライ定食」1,030円
先代からの人気は「エビフライ定食」1,030円

1973(昭和48)年創業。2代目の齋藤徳之さんが現在4店舗まで増やし拡大させてきた有力食堂だ。食材は、朝河岸で仕入れる新鮮な魚介や、信頼する生産者から送られてくる肉や野菜。上質な定食を求める客は遠方からも集まり、多い時には1,000人を超える日も。先代からの人気は「エビフライ定食」1,030円。店は今後も増える予定。

(Hanako1156号掲載/photo : Norio Kidera text : Kahoko Nishimura)

3.冬でも食べたいキュートなふわふわかき氷。〈かき氷工房 雪菓〉

「いちごミルク ショートケーキ風」1,050円
「いちごミルク ショートケーキ風」1,050円

かき氷には富士山から届く天然氷を使用し、薄くスライスすることで口当たりよくふわふわとした食感に。シロップは全てお店で手作りしたオリジナル。「いちごミルクショートケーキ風」にはフレッシュのいちごを贅沢に使い、非加熱のままジューサーにかけ甘酸っぱく瑞々しい味わいに仕上げている

OHT_03041

〈かき氷工房 雪菓〉
■東京都豊島区巣鴨3-37-6
■03-5980-9891
■11:00~17:00 月休 
■19席/禁煙 ※メニューは変動あり

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Chihiro Ohsima text : Etsuko Onodera edit : Ryutaro Koizumi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る