ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4214
2018.12.23

ティートレンドはオーガニック? 再びお茶ブーム!ティーラヴァーたちが語ってくれた、お茶の楽しみ方とは?

今やコーヒーに負けぬ盛り上がりを見せるティー文化。3人のティーラヴァーが昨今のブームを独自の目線で分析。お茶愛とともに熱く語り尽くします!

幼少期からOR仕事から。ティーラヴァー誕生秘話。

藤森:本日は各界のティーラヴァーの皆さまにお集まりいただきました。我がお茶愛のこと、ここ数年のお茶のムーブメントについて大いに語っていただけたらと。まずはお2人がお茶にハマったきっかけは?

宮﨑:私は2010年に〈銀座三越〉に入社したのですが、その年にできた紅茶とスイーツのマリアージュをテーマにした〈デセール・テ〉という売り場に配属になったのがきっかけです。実はそれまでコーヒー派で、紅茶はティーバッグやペットボトルで飲む程度だったので、いきなり300種類もの紅茶を扱う担当になって最初はとまどいました。〈銀座三越〉のお客様はかなり紅茶に詳しい方ばかりだったので、お客様に鍛えられた感じです。

藤森:そうしたお客の期待に応えるには深い知識が必要ですものね。

宮﨑:ええ。入社1年目の休暇ではイギリスとフランスに一人旅をして、〈フォートナム&メイソン〉や〈ハロッズ〉、〈マリアージュ フレール〉など、自分が扱っているブランドの本店を巡りました。そうしてどんどん紅茶が楽しくなっていったんです。

ポットで淹れる〈フォートナム&メイソン〉の「ロイヤルブレンド」とクロワッサンが宮﨑さんの朝の定番。
ポットで淹れる〈フォートナム&メイソン〉の「ロイヤルブレンド」とクロワッサンが宮﨑さんの朝の定番。

北条:私は祖母が紅茶好きで、自宅から徒歩5分の祖父母宅に遊びに行くと、祖母の「アフタヌーンティーしましょ」のひと声でお茶の時間が始まるんです。当時7歳で、それが最初の紅茶体験。それから高校2年で初めてロンドンを旅行した時に、偶然立ち寄ったコヴェントガーデンの〈THE TEA HOUSE〉の膨大な紅茶の種類に大興奮して、フレーバードティーの面白さに開眼したり。大学2年の春休みにはダージリンのファーストフラッシュが摘みたいと、単身インドへ飛びました。

藤森:いきなりインドに!?すごい行動力!私はと言うと、もともと喫茶店が好きで、大学時代に喫茶店に通ってまずコーヒーを知り、その流れで紅茶にも興味を持って。ダージリンやアッサムくらいしか知らずに紅茶専門店に行くと、メニューにスリランカ産の茶葉が並んでいて、ウバやヌワラエリアやディンブラなど、もう訳もわからず注文したり(笑)。ライターになってからは台湾旅行を機に台湾茶にのめり込みまして、産地に茶葉を買いに行ったりしています。

春茶を探しに、台湾の杉林渓高山茶の郷へ。急勾配の茶畑はまさに茶摘みの真っ最中。標高1,600mの絶景!
春茶を探しに、台湾の杉林渓高山茶の郷へ。急勾配の茶畑はまさに茶摘みの真っ最中。標高1,600mの絶景!
高山茶の美しい茶葉はすべて彼女たちによる手摘み。柄ON柄のお茶摘みファッションも見逃せません。
高山茶の美しい茶葉はすべて彼女たちによる手摘み。柄ON柄のお茶摘みファッションも見逃せません。
台湾茶好きが高じてワークショップを開いた時の写真。清朝や明治期の古い器を合わせるのもお茶の楽しみ。
台湾茶好きが高じてワークショップを開いた時の写真。清朝や明治期の古い器を合わせるのもお茶の楽しみ。

藤森:そんな感じで朝からコーヒー、紅茶、台湾茶をハシゴするのでほぼ毎日カフェイン過多(笑)。就寝前はせめてノンカフェインをと、最近はルイボスティーを飲んでます。

愛用マグは〈アラビア〉の「TUOKIO」。最近は〈トーチ〉のコーヒーサーバー「ピッチー」をポット代わりに。
愛用マグは〈アラビア〉の「TUOKIO」。最近は〈トーチ〉のコーヒーサーバー「ピッチー」をポット代わりに。

新潮流をもたらしたセレクション系とは!?

宮﨑:私も夜はフルーツティーやハーブティー、あと夫が中国茶好きなのでプーアールや鉄観音を飲んだりしています。2人で「今日は何飲む?」なんて言いながら茶葉を選んで。

北条:わあ、いいですね。私は朝も夜もミルクティー派なので、スパイスティーなどミルクに合うブレンドを常に探しています。あとはデトックスのためにどくだみ茶を飲んだり。

朝は〈アラビア〉の500㎖入るビッグな「KOKO 」のマグで、ミルクティーをたっぷり!が北条さん流。
朝は〈アラビア〉の500㎖入るビッグな「KOKO 」のマグで、ミルクティーをたっぷり!が北条さん流。
街で見かけた紅茶は買わずにいられない。常にストックしているティーバッグから気分に合わせてチョイス。
街で見かけた紅茶は買わずにいられない。常にストックしているティーバッグから気分に合わせてチョイス。

藤森:さすが皆さん、ティーのヘビードランカーですね(笑)。さて、ここ数年、新たな紅茶ブームの勢いをひしひしと感じますが、この波は何がきっかけだったと思いますか?

宮﨑:そうですね。紅茶の消費量は実は2011年がピークで、それ以降はコーヒーと反比例して減少しているのですが、〈デセール・テ〉は2010年のオープン以来売り上げが右肩上がりだったんです。〈マリアージュ フレール〉や〈フォートナム&メイソン〉など大手ブランドは既に一定数の固定ファンがいる一方で、セレクト系のブランドが前年比120%の勢いで伸びていて。

藤森:すごいですね、それ。

宮﨑:客層も私が新人だった7年前は紅茶愛好家の40代〜50代の女性が中心でしたが、セレクションティーを購入する層は20代〜30代の女性たち。このセレクト系を充実させることで若い女性客が増えて、売り上げも伸びていったので、昨年3月の〈GINZA ティー〉へのリニューアルが実現したんです。

昨年3月、〈銀座三越〉B2Fに登場したお茶のセレクトショップ〈GINZA ティー〉。扱う茶葉は300種類以上!
昨年3月、〈銀座三越〉B2Fに登場したお茶のセレクトショップ〈GINZA ティー〉。扱う茶葉は300種類以上!
〈GINZA ティー〉の人気商品。タイ発モダン白茶ブランド「NO.57」と、〈リーフル〉の「三越限定ブレンド」。
〈GINZA ティー〉の人気商品。タイ発モダン白茶ブランド「NO.57」と、〈リーフル〉の「三越限定ブレンド」。

北条:私は、今のブームのきっかけは〝手軽なのにおいしくて本格的なティーバッグ〟の選択肢が増えたことだと思います。ちなみに私がオーストラリアの紅茶ブランド〈LOVE TEA〉の輸入会社を立ち上げたのも「オーガニック&天然原料のみで作られているのに、こんなに香り豊かで力強い味わいだなんて!」と驚いたから。

〈LOVE TEA〉はパッケージもナチュラル&スタイリッシュ。lovetea.jp
〈LOVE TEA〉はパッケージもナチュラル&スタイリッシュ。lovetea.jp

北条:ティーバッグで楽しめて、パッケージも素敵で。〝一歩先行く自然派〟はここにあったのか、と。

スパイスとハーブと。お茶は自由に進化する。

藤森:そしてファッションブランドの広報を退職して会社をスタートするなんて、運命的な展開ですよね。私もティー文化の盛り上がりの理由の一つは、ティーバッグの画期的な進化にあると思います。かつてティーバッグといえば細かく粉砕した品質の良くない茶葉のイメージが強かったですが、あの三角錐のテトラ型ティーバッグの登場で、フルリーフの茶葉を充填できるようになった。実はこの「三角錐ティーバッグ充填包装機」を開発したのが、静岡にある〈FUSO(不双産業)〉という会社。世界で90%のシェアを誇り、海外ではパッケージに〝FUSO TEA BAGS〟と書くブランドもあるほどステータスなんです!……って私、取材に伺ったことがあるのでつい饒舌になってしまいましたが(笑)。

北条:〈LOVE TEA〉の2人も静岡まで行って機械を買ったそうですよ(笑)。

〈LOVE TEA〉本社ラボでティーを淹れるダミアン氏。創業者エマの無二のパートナー。メルボルン近郊にて。
〈LOVE TEA〉本社ラボでティーを淹れるダミアン氏。創業者エマの無二のパートナー。メルボルン近郊にて。

北条:それから、オーガニックやノンカフェインもキーワードですよね。

宮﨑:ええ。〈銀座三越〉は場所柄ギフトが多いので、主に妊婦さんへのプレゼントなどでフルーツティーやデカフェなど、ノンカフェインの需要が増えています。最近はデカフェの技術が進化しているので、味もきちんとおいしいですよ。また、北参道の〈ティースタンド ナナ〉といった気軽でオシャレなティースタンドの動きも気になります。

ティーの新潮流、北参道の〈ティースタンド ナナ〉。
ティーの新潮流、北参道の〈ティースタンド ナナ〉。

北条:同感です。〈リプトン〉が手がけたフルーツティーのポップアップストアのような、インスタ映えするかわいいティーも増えてますよね。あと、個人的にも大好きで注目しているのがチャイ。スパイスやハーブを使った多彩なフレーバーが今後さらに充実すると思います。スパイスやハーブ、香りによる組み合わせの妙こそ、お茶の楽しみですから。

宮﨑:いま、従来のクラシック派と第一印象で選びたいカジュアル派と、お客様の好みが二極化しています。私としては気軽さも謳歌しつつ、原点に立ち返って、本当のお茶の良さも伝えていけたらと思います。

藤森:なるほど。現在のティーブームを牽引するのはオーガニックでオシャレな〝セレクト系〟と言われる各国の若手ブランドたち。安全でおいしいお茶がマグでガブガブ飲める新カルチャー、大歓迎です!

今回お話してくれたのは…

eab2a4b95b9f5537bbc2301990d64a86

宮﨑優子/〈銀座三越〉アシスタントセールスマネージャー。昨年3月に拡大オープンしたお茶のセレクトショップ〈GINZAティー〉のリモデルを担当。

92298e93da4cde969d2dc05c65d9d9d6

藤森陽子/ライター。食を中心に執筆。コーヒー、紅茶、台湾茶、お酒を愛し、お茶に関する海外取材もこなす。「お茶とお酒はすべての文化の源です!」

db648403cb0fec2508fe281bbe2b90b0

北条史子/〈ティーウェル〉代表。メンズブランドのPRを経て、今年3月に出会った〈LOVE TEA〉に感激し、輸入会社を設立。劇的に人生が展開中。

(Hanako1145号掲載/photo : Kenya Abe text : Yuko Tanaka illustration : Takeshi Tomoda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る