特製らぁ麺(醤油)980円
2018.12.20

おひとりさまの味方 女子も入りやすいラーメン屋さん。【吉祥寺エリア】おしゃれ空間で絶品醤油ラーメンをいただく!

「ラーメンが食べたい!」と思いつつ、あの独特なラーメン屋らしい雰囲気に入店しづらい女子も多いはず。今回は、おひとりさまやデートでも入りやすい吉祥寺エリアのおしゃれなラーメン屋さんをご紹介します。

1.鶏、豚、魚介のトリプルスープ。〈Tombo〉/吉祥寺

TO-8004atari-768x584

〈地雷源〉グループで腕を磨いた若き店主が、 毎日食べても飽きない、バランスを重視したラーメンでもてなす。丸鶏と豚骨に、サバやカツオなどの魚介ダシを合わせたスープは、 独特な甘さと複雑な旨みが特徴。醤油と塩のラーメンのほか、つけ麺やまぜソバも評判。

「味玉醤油の旨味ソバ」880円(税込)
「味玉醤油の旨味ソバ」880円(税込)

自慢のトリプルスープに、静岡〈栄醤油醸造〉の醤油を使ったタレを投入。小麦の風味豊かな〈三河屋〉特製の中細ストレート麺と相性抜群。

(Hanako1151号掲載:photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki)

2.行列覚悟の無化調ラーメン 。〈麺屋 さくら井〉/三鷹

SAK-9994atari

〈麺処 ほん田〉出身の店主が独立し、地元・ 三鷹の住宅街にオープン。化学調味料を一切使わずに仕上げるため、はかた地鶏のガラや大山鶏の丸鶏など、素材のよさが凝縮した優しい味わいが特徴。

特製らぁ麺(醤油)980円
特製らぁ麺(醤油)980円

鶏スープと6種類の醤油をブレンドしたタレを合わせ、仕上げに鶏油をかけて完成。肩ロース、鶏ムネの2種類のチャーシューがのる。

SAK-0006atari

醤油、塩のほか、最上級アゴ煮干を使った「煮干しらぁ麺」800円も。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る