tOHT_0010
2018.12.19

バルセロナの本場パエリアが上陸! 渋谷ストリーム〈XIRINGUITO Escribà〉の仕掛け人に聞く、その魅力とヒットした理由とは?

海外から日本初となるレストランを上陸させ、話題をさらう辣腕のヒットメーカーたち。日本のみならず世界中を食べまわり良い店を見分ける「目」を持つ仕掛け人に、その法則を聞いてみました。今回は、渋谷ストリーム〈XIRINGUITO Escribà〉を手掛けたトランジットジェネラルオフィス代表取締役社長・中村貞裕さんを直撃!

バルセロナで愛されて25年以上の本物のパエリアが日本に上陸。

OHT_0041

今年9月の開店ながら、早くも大盛況の〈チリンギート エスクリバ〉。

「エスクリバパエリア」3,400円
「エスクリバパエリア」3,400円

同店のシグネチャーメニュー。バレンシア米を使い、海老やムール貝など具だくさん。お酒も進む。

「“エアバッグ”イベリコハム」1,800円
「“エアバッグ”イベリコハム」1,800円

クリスピーなパンの上にイベリコ豚の生ハムがたっぷり。

中村さんがバルセロナで実際に食べ、感激したのがすべての始まりだったが、東京進出を決めた一番の理由はパエリアパンが並ぶオープンキッチン。
「パエリアDJブース(笑)。この楽しさを、東京でも再現したくて」

グルーピングを常に考え、次のトレンドを作り出す。

sOHT_0790

トランジットジェネラルオフィス代表取締役社長・中村貞裕/30歳で「遊び場を創造する」をコンセプトに同社を起業。〈ICE MONSTER〉や〈THE APOLLO〉など海外の人気店の日本進出を数多く実現。こうした実績により、新しいライフスタイルも創造している。

海外から招聘するポイントは長く愛され、地元に根付いているか。今回のスペイン料理のように、日本人の認知度を見定めるのも重要だ。
「ゼロから始めて孤軍奮闘ではトレンドは生まれない。次はベトナム料理に注目しています」

常に俯瞰で今を眺めているのだ。
「日頃の食べ歩きはタネを探しているようなもの。タネがあればグループが生まれ、メディアに取材されやすくなる。新店を作る際は、どういうグルーピングができるかを考えますね」

〈XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)〉

■東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム3F 
■03-5468-6300 
■11:00~23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO) 無休 
■84席/禁煙

中村貞裕さんが注目する店

〈つどい〉/福岡
薬院にあるディープな飲食店。「汁ありのアレ」「汁なしのアレ」という具合にメニューを見ただけでは何か分からないところがおもしろい。そのクリエイティブな発想も驚きです。

■福岡県福岡市中央区薬院3-7-30

〈ミモザ〉/表参道
スゴい好き。1カ月に最低1回は行きたいと思う店。中国料理の定番もあった上でメニューが多彩。シェフのお人柄も良くて、カジュアルなのにおいしいお店の代表格。

■東京都港区南青山3-10-40 フィオラ南青山ビル2F
■03-6804-6885

〈SATOブリアン にごう〉/阿佐ケ谷
なかなか予約の取れない人気店ですが、やっぱり店長の人柄に惚れてしまって、通っています。焼肉のおいしさはもちろんですが、何といっても「ブリ飯」。ニンニクの効いたシャトーブリアンとウニ。大好きです。

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Hisashi Okamoto text : Mamiko Kume, Etsuko Onodera, Itaru Tashiro edit : Ryutaro Koizumi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る