鎌倉のランチ・スイーツはここで!人気エリア・小町のおすすめカフェ・喫茶店3軒
2018.12.17

インスタ映え抜群の「一口かさね」も。 鎌倉のランチ・スイーツはここで!人気エリア・小町のおすすめカフェ・喫茶店3軒

鶴岡八幡宮へ向かう2つの通りは観光客で、いつも大にぎわい。しかし脇道に入れば、地元住人御用達の穴場がそこかしこに。まずは、ここを訪れずして鎌倉を語るなかれ!な店をご案内。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈豊島屋 鎌倉駅前扉店〉超絶キュートなフードを駅前の穴場パーラーで。

DMA-1090tobira_051

東口駅前ロータリーに面していて、お土産を調達するのにも便利な立地。1階は鳩サブレーの売店とベーカリー、2階はイートインができるカフェ、3階はパーラー。

鎌倉といえば〈豊島屋〉。

DMA-1090tobira_036
器に入ったロゴが素敵。

なかでも〈扉店〉は隠れたグッドデザインの宝庫。

DMA-1090tobira_024
「一口かさね(三段重)」1,300円。1段300円~で追加できる。

イチオシは三段重の一口かさね。ミニサイズのお重にサンドイッチやオムライスがちょこんと盛り付けられ、その愛らしさに編集部スタッフも大興奮。好きな組み合わせで楽しんで。 

DMA-1090tobira_015
「扉特製キューブあんぱん(つぶ餡)」200円(各税込)

〈豊島屋 鎌倉駅前扉店〉
■神奈川県鎌倉市小町1-6-20
■0467-25-0505
■10:00 ~ 17:00LO 火休(祝の場合営業) 
■40席/禁煙

2.〈café vivement dimanche〉知る人ぞ知る“朝ディモンシュ”の楽しみ。

鎌倉 café vivement dimanche

店奥のカウンターからはコーヒーのよい香りが漂う。カウンター前には、堀内さんによる自家焙煎の豆や、コーヒーをおいしく淹れる道具、オリジナルのカップなども並ぶ。

鎌倉 café vivement dimanche
店主の堀内さん。コーヒーを淹れる姿も絵になる人物。

開業24年目。鎌倉からカフェカルチャーを発信してきた堀内隆志さんの店はいつもファンでにぎわうが、8時から11時の朝営業は地元住人中心にゆったりのんびり。

鎌倉 café vivement dimanche
こんがりきつね色でサクサク感が魅力のプレーンなワッフル。

焼きたての生地にバターがとろけて、甘い香りが鼻をくすぐる。朝のおめざにもぴったりのメニュー。マキアートとワッフルのセットで500円(税込。8:00~11:00)とお財布にやさしい。

焼きたてのワッフル&コーヒーをセルフスタイルで。いつもと少し違う雰囲気も楽しんで。

〈café vivement dimanche〉
■神奈川県鎌倉市小町2-1-5
■0467-23-9952
■8:00~19:00 水木休 
■27席/禁煙

3.〈イワタコーヒー店〉昭和のグッドデザイン。やっぱり外せません。

〈イワタコーヒー店〉の「ホットケーキ」
木漏れ日が差し込む庭に面した奥の席が特等席。

小町通りが閑散としていた戦後すぐに開業。ソファはレトロかわいい50年モノや、同じようにしつらえたレプリカを使っていて、毎朝開店前にスタッフが磨き上げる。

〈イワタコーヒー店〉の「ホットケーキ」
銅板で焼き上げた、分厚く、きつね色の焼き色が美しいホットケーキ800円

人気メニューだけに、土日は40分待ちもあり。

名物のホットケーキと絶品コーヒーを片手に、昭和の美意識を堪能して。

鎌倉 イワタコーヒー店
エクレア250円とコーヒー600円。コーヒーは昔ながらの喫茶店の味わい。

〈イワタコーヒー店〉
■神奈川県鎌倉市小町1-5-7 
■0467-22-2689
■10:00~18:00 火、第2 水休 
■88席/禁煙

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kanako Nakamura, Shin-ichi Yokoyama, Yoko Tajiri, Yumi Saito, Michi Murakami, Misa Nakagaki, Yoichi Nagano, Kayoko Aoki, Kaoru Yamada, Mariko Tosa, Shinji Serizawa(ROOSTER), Yusei Fukuyama text:Mutsumi Hidaka, Riko Saito, Hiroko Yabuki, Mao Adama, Yumiko Ikeda, Yoko Fujimori, Emi Tomoi, Mick Nomura(photopic))

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る