07433df5ea73f94a0107e32fe4dcc9461
2018.12.18

2018年スイーツトレンドといったら! バラエティ豊かな「タピオカ」が楽しめる!原宿・表参道・東京の人気ティースタンド・カフェ4軒

さまざまなお茶と楽しむタピオカドリンクは、香りや食感、味わい、すべてユニーク!今年注目の4品を紹介します。

1.ぷるんと香り華やか! 日本初のタイティー専門店〈Piyanee THAI TEA〉/渋谷

181012kt0151

タイ出身のピヤニさんが開店。

「タピオカタイティーフラッペ(M)」600円
「タピオカタイティーフラッペ(M)」600円

タイ中の茶畑を回り厳選した紅茶は、数種を合わせ2回焙煎。美しいオレンジ色と甘い香り、スモーキーな後味が印象的だ。つるんとぷるぷるな生タピオカも、黒糖蜜を毎朝漬け込み手作りするこだわりよう。デザート感覚で味わえるフラッペは、練乳のコクで引き立つ渋みとその甘さがマッチする。

〈Piyanee THAI TEA〉
■東京都渋谷区宇田川町33-8 
■03-6455-0234
■10:00~23:00 無休 
■8席/禁煙

2.カスタムメイドで自分好みのマイティーを。〈ゴンチャ 原宿表参道店〉/明治神宮前

CHI6002

台湾発祥の台湾ティーカフェ。茶葉は台湾直輸入の本格派。現地直伝のレシピで作るパール(タピオカ)も自慢で、もちもち食感がやみつきに。ドリンクはカスタマイズOK。ベースのお茶にトッピングや甘さの加減など、あれこれと選び、自分オリジナルの味を楽しんで。

「マンゴー阿里山 ティーエード(M)+パール」570円
「マンゴー阿里山 ティーエード(M)+パール」570円

〈ゴンチャ 原宿表参道店〉
■東京都渋谷区神宮前6-6-2 原宿ベルピア1F
■03-6427-7543
■11:00~21:30(金~22:00)、土日祝10:00~22:00 木休 
■21席/禁煙

3.温度の違いによる、多彩なタピオカの食感を楽しもう。〈THE ALLEY 表参道店〉/明治神宮前

the-alley0021

グローバルに展開する台湾発のお店。もちっと弾力のあるディリオカ(特製タピオカ)は、噛むほどにやさしい甘みが。とろりとした舌触りを味わえるマイルドホットがおすすめだ。アッサム茶ベースの盆栽風のドリンクは生クリームとココアチップをアクセントに、茶葉の香りが後を引く。タピオカが吸いやすいラウンドカップも◎

「盆栽タピオカミルクティー(M)」550円
「盆栽タピオカミルクティー(M)」550円

〈THE ALLEY 表参道店〉
■東京都渋谷区神宮前6-6-6
■03-6712-5185
■10:00~22:00 不定休 
■15席/禁煙

4.タピオカミルクティー発祥の台湾〈春水堂〉の姉妹店〈TP TEA 丸ビル店〉/東京

TP-TEA0121

お茶と氷、シロップをミキサーにかけるスタイルにも注目。温度変化で香りを引き出した一杯はお茶の個性とシロップの甘みがふわり。タピオカは小粒ながら、しっかりとしたもちもち感。どどっと口いっぱいに入ってくる感覚もここならではだ。甘さや氷の有無もカスタム可。

「タピオカミルクティー」500円
「タピオカミルクティー」500円

〈TP TEA 丸ビル店〉
■東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビルB1
■03-6259-1663
■11:00~21:00(日祝~20:00) 休みは施設に準ずる 
■14席/禁煙

今回教えてくれたのは…

〈SALON DE THÉ LÙVOND〉オーナー・伊藤孝志
「私がプロデュースしているお茶のお店もありますが、タピオカは勢いを感じます。」

スイーツジャーナリスト・平岩理緒
「タピオカティーに特化した専門店や日本初上陸店が急増して、店頭は行列中!」

(Hanako1167号掲載/photo : Hisashi Okamoto, Chihiro Ohshima, Natsumi Kakuto text : Wako Kanashiro, Etsuko Onodera edit : Ryutaro Koizumi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る