精神科医・星野概念のあまから恋わずらい No.10 「ギフトと恋」
2018.12.23

あなたはどう思う? 精神科医・星野概念のあまから恋わずらい No.10 「ギフトと恋」

Hanako本誌で連載中の精神科医・星野概念さん「あまから恋わずらい」を掲載。今回は、1167号「全国、いま絶対に行きたい店」特集よりお届けします。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

今回のテーマは、「ギフト」と恋

Unknown

今回のHanakoの第二特集は「ギフト」。高校生の時、一度だけ恋愛をしました。友人に紹介された人でしたが、学校も住む県も違いなかなか会えず、3カ月後の初デートは原宿でした。彼女には、歩いていると突然走り出すという珍しい癖があって、10メートル程走った後に笑顔で戻ってきますが、そんな人、僕はほかに知りません。そんな風に走ったり戻ったりするうち、キャットストリートでフィギュアの露店を見つけました。当時フィギュア集めに凝っていた僕はふと思いついて露店に寄り、アメリカの菓子会社のマスコット「ドーボーイ」のフィギュアを購入しました。そして、彼女がその謎加減とかわいさを気に入ると確信して、即興の贈り物をしたのです。今でも「粋だね!」と褒めたくなる自分の振る舞い。しかしなんと彼女は「キモい」と一言残し、走り出しました。え、こいつのどこがキモいの?ドーボーイを握って立ちつくす僕。その時の彼女は走ったまま戻ってきませんでした。まだ携帯電話を持たない時代。帰ってから彼女に電話すると、同じ学校の人が好きなので別れたいと言われました。「ごめん変な贈り物して」「あいつは関係ないの。もうダメなの」。あいつじゃなくて、ドーボ……。ていうか、キモいのは僕だったのか。それ以来、ギフトの正解を見失い、やたらと色々贈ったり、何も贈らなかったりと、ギフト迷子です。

星野概念 ほしの・がいねん/精神科医として総合病院に勤務。雑誌・webでの執筆業や、音楽活動も行う。いとうせいこう氏との共著『ラブという薬』が発売中。

(Hanako1166号掲載/illustration : Misaki Tanaka text : Gainen Hoshino)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る