tATARI-0377-768x512
2018.12.16

大人雰囲気を楽しみたいあなたに。 おしゃれなバーで過ごすクリスマス!ノンアルカクテル対応可能なバー3選

クリスマスにディナーを楽しんだ後は、おしゃれなバーに立ち寄りませんか?お酒が苦手な方におすすめしたいのがノンアルコール対応をしているバー。今回は、ノンアルコールカクテルを飲みながらバーの雰囲気を楽しめることができるバーをご紹介します。

1.話題のミクソロジーカクテルやノンアルコール対応もうれしい〈mizumachi bar〉/横浜

ATARI-0377-768x512

横浜マリンタワー1階の水町通りに面した大人のバーは、ミクソロジーカクテルが充実。季節のフルーツやハーブを“焼く、潰す、搾る、煮る”などの技を駆使して作るカクテルは、ほかでは体験できない味ばかり。ノンアルコール対応もしてくれるので、呑めなくてもバーの雰囲気が楽しめる。

「パッションフルーツのマティーニ」 1,400円
「パッションフルーツのマティーニ」 1,400円

搾りたてのパッションフルーツジュースとウォッカがベース。グラニュー糖をふって炙りキャラメリゼしたパッションフルーツが添えられる。

(Hanako1163号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

2.センセーショナルなカクテルを味わえる〈ミクソロジーサロン〉/銀座

463-768x768

ミクソロジーカクテルとは、ルールに縛られずに自由な発想で作られるカクテルのこと。こちらでは遠心分離や減圧蒸留など化学の技術を用いた、この店でしか味わえない唯一無二のカクテルが注目を集めています。バーテンダーの所作も見どころの1つです。

左から、エコール1,300円は、京都産抹茶、パッションフルーツなどを使ったノンアルコールカクテル。玉露マティーニ1,700円はウォッカと茶葉を漬けて濾過した福岡県八女の玉露がベース。
左から、エコール1,300円は、京都産抹茶、パッションフルーツなどを使ったノンアルコールカクテル。玉露マティーニ1,700円はウォッカと茶葉を漬けて濾過した福岡県八女の玉露がベース。

約20種の茶葉やオリジナルのお茶スピリッツで作る一杯、ダシやワサビなどの和素材を合わせるカクテルなど。驚きと同時に素材の味と香りがしっかりと生きていることに魅了されます。

(Hanako1142号掲載:photo : Kanako Nakamura text : Yumiko Ikeda)

3.東京タワーの最寄りからの絶景。〈Café & Bar Tower View Terrace〉/御成門

DMA-IMG_1267-768x584

メニューチェンジは夕方の5時。明るい時間は、サンドイッチやサラダが入った「テラスバスケットランチ」や、ホテル特製のハンバーガーランチをカジュアルに。夜空をバックにライトアップした東京タワーが浮かびあがるディナータイムは、ゆっくりと大人時間を。シャンパンとピンチョススタイルのセット(2名~)やカクテルが、アーバンリゾート気分を演出してくれる。

ランチメニューから「テラスバスケットランチ」3,800円
ランチメニューから「テラスバスケットランチ」3,800円

パストラミビーフ、スモークチキンと彩り野菜のサンドウィッチ、ジャーサラダ、スープなどが付く。各税込、サービス料別途10%。テラス席の予約は不可。

ATARI-1076atari-768x512

ランチメニューから「国産牛100%パティのハンバーガー フライドポテト添え」2,500円。ノンアルコールカクテルは1,100円~

同じ建物内にある、落ち着いた雰囲気の英国風バー〈メインバー ウインザー〉もおすすめ。

(Hanako1133号掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama text:Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る