おしゃれな店内と美味しいご飯。幹事も選びやすい都内のダイニングとは?
2018.12.15

新年会におすすめ! おしゃれな店内と美味しいご飯。幹事も選びやすい都内のダイニングとは?

気心知れた友人と集まる機会が増えるこの時期。みんなで集まると食欲も話も止まらない!今回は、そんな女子にぴったり、都内で美味しいメニューとお酒を楽しみながら時間を過ごせるお店をご紹介。女子好みのフード・ドリンクに、各シーズンで変わるメニューが人気です!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.肩肘張らず、かつ高感度なお店。〈NINE STORIES〉/代々木八幡

スープをお魚のグリルにかけていただくブイヤベースに、そば粉をふんだんに使った食べ応えのあるパスタ。女子好みのフードと、クラフトビールの品ぞろえが自慢。ゆったりとしたテーブル席から、サクッと飲めるカウンターまで備えているので、気分に合わせて使い分けたい。

ディナーメニューの「ブイヤベース」。サクサクに揚がったイトヨリダイのグリルにスープをかけていただく。

バゲットがセットになって1人前2,000円。

(Hanako1123号掲載/photo:Misa Nakagaki edit & text:Hiroko Yabuki)

NINE STORIES

NINE STORIES

  • ビストロ
  • 代々木八幡駅

2.旬の食材を使ったメニューを堪能できるカジュアル中華。〈青菜 丸の内ブリックスクエア店〉/二重橋前

〈青菜〉という店名は食材のみずみずしさ、おいしさを表現している。秋なら、栗、さつまいも、銀杏をしょうゆで煮た土鍋煮ほか、シーズンごとに新メニューが登場し、食材のおいしさを引き出したラインナップが魅力的だ。

右奥から時計回りに、「肥肥餃子」680円(4個)、「スルメイカとエリンギ、山芋、唐辛子山椒炒め」1,800円、「ぶつ切り健味鶏と秋野菜の土鍋煮」2,000円。「定期的に仕事仲間と訪れても、新しいメニューと出会える」ことが丸の内で働く女性の支持を集めている。

(Hanako1165号掲載/ photo:Kanako Nakamura, Michi Murakami, Yoko Tajiri, Yumi Furuya text:Chie Baba, Seiko Kigawa, Yasushi Kaneyama)

青菜 丸の内ブリックスクエア店

青菜 丸の内ブリックスクエア店

  • 中華/飲茶・点心
  • 二重橋前駅

3.秋田県産の最高級和牛「みなせ牛」の赤身の牛カツ。〈Carne Tribe〉/門前仲町

肉好きが集うバル。都内ではここでしか食べられない秋田県産の最高級和牛「みなせ牛」の赤身は、口に入れた瞬間とろけていく。「みなせ牛のタタキ」1,280円は、粒が大きいイギリス の塩でいただく。クリーミーな「マッシュポテトサラダ」550円は牛肉にぴったり。

「みなせ牛のステーキとカツレツ」2,560円。旨味が強いので、たたきもステーキも、イギリス産の大粒の塩を少しつけるだけで十分。赤ワインは、店主の黒島努さんが肉と同じく厳選した国産のもの。「黒毛和牛のハンバーグ」1,680円も人気。テーブルのほかカウンター、ソファ席もあり使いやすい。

お店イチオシのサングリアでさっぱりと。みなせ牛に合う赤ワインは、すべて日本のワイナリーのもの。人気の「自家製サングリア」各680円はパイナップル、グレープフルーツ、オレンジ、イチゴの4種。

(Hanako1121号掲載/photo:Asami Minami(model),Megumi Uchiyama(shop) text:Aya Shigenobu)

Carne Tribe

Carne Tribe

  • バル
  • 門前仲町駅
編集部

久々に会う仲間と素敵な時間を!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る