b7fcbfddc97d425843c925440a90a959
2018.12.11

「モカソフト」などコーヒースイーツもおすすめ! 軽井沢発人気チェーン店〈ミカドコーヒー〉、コーヒー好き必見のトリビアとは?

名物「モカソフト」で有名!日本橋や渋谷など首都圏にも展開する、軽井沢発〈ミカドコーヒー〉。そんな人気コーヒーチェーン店にまつわる、コーヒー好き必見のトリビアをご紹介。今日のコーヒーブレイクは、〈ミカドコーヒー〉で決まり!?

〈ミカドコーヒー〉とは?

〈ミカド珈琲店日本橋本店〉
〈ミカド珈琲店日本橋本店〉

1948年、東京・日本橋で創業。喫茶店事業では52年に開業した軽井沢旧道店が有名で、別荘族や観光客などに愛されている。創業初期からの人気メニューも多く、親子二代で通う人も。

1.「モカソフト」を試食した量はプール1杯分。

cd3b61f218e5e324510f03fc6640b761

創業者の金坂景助さんは、コーヒーが飲めない子どもにも愛されるメニューはないかとソフトクリーム作りに着手。当時小学生だった娘(現在の社長、鳴島佳津子さん)に何回も試食してもらい、1969年に「モカソフト」が完成した。開発期間は1年以上かかったといい、鳴島さんは「プール1杯分くらいは食べた」という。

2.南極大陸の昭和基地で飲まれたことがある。

8fc3e279d8adbc7a67391509c6575058

南極大陸にある日本の観測施設、昭和基地。そこに料理人として派遣される隊員が〈ミカドコーヒー〉のファンで、南極で飲みたいと連絡を受けた。ブラジル産のオールドビーンズ挽きを缶に入れて、約20㎏を調達。氷水を沸かして淹れたコーヒーは格別な味がしたとか。

3.「食べるコーヒー」があるらしい。

アイデアマンだった金坂さんはある時、「コーヒーを飲むのではなく、食べられるようにしたい」と考えた。やぐらのような大きさの特製ドリップロトを作り、12時間以上かけて抽出。濃い水出しコーヒーをゼラチンと合わせて、「食べるコーヒー」を1963年に開発した。それはまさにコーヒーを食べているかのような味と香りで、あっという間に大人気商品に。現在は「コーヒーゼリー」として親しまれている。

〈ミカド珈琲店日本橋本店〉

■東京都中央区日本橋室町1-6-7 
■03-3241-0530 
■7:00~19:00(土8:00~18:00、日祝10:00~18:00) 無休 
■60席/禁煙

(Hanao1150号掲載/illustration : Manako Kuroneko text : Mariko Uramoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る