地元ファンも多数!フランス気分なグルメを堪能できる、都内おすすめカフェ・レストランとは?
2018.12.02

行列ができるほどの人気店も。 地元ファンも多数!フランス気分なグルメを堪能できる、都内おすすめカフェ・レストランとは?

美食が集まる国、フランス。だれもが一度は行ってみたいと思う場所です。今回は、東京にいながら、本場にも負けない味を堪能できるお店をご紹介します。焼きたてパンに、熱々グラタン、すぐ売り切れるスイーツなど、どれもリピート必至!ここに行けば、気分はもう女子の憧れ、パリジェンヌです!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.まるでパリのパン屋さん。〈カタネベーカリー〉/代々木上原

DMA-DSC_5386

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。フランスのパン屋のように、早朝7時から営業する。

DMA-DSC_5333
フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。

フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。

DMA-_J8A04761
右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)

地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)。「パリの一ツ星か二ツ星の、安いホテルの朝食をイメージ」と、片根さんは笑う。

(特別編集HanakoFOOD P20掲載:photo:Kaoru Yamada text:&edit:Kisae Nomura)

2.オーセンティックなフレンチの一品料理。〈Le cabaret〉/代々木八幡

_MG_9292
代々木八幡のメインストリート沿い。街のランドマーク的存在だ。

代々木八幡エリアにお店を構えて12年。ナチュラル系ワインとオーセンティックなフレンチの一品料理がいただける地元の人気店。代々木八幡のメインストリート沿い。街のランドマーク的存在だ。

DMA-_MG_9228
壁にはワイン生産者たちのサインが。

壁にはワイン生産者たちのサインが。

MG_92561
クリュディテ1,300円。コリンキーやアスパラガス、レンコン、カブなどの野菜がゴロゴロ。

コリンキーやアスパラガス、レンコン、カブなどの野菜がゴロゴロ。

DMA-_MG_9269
アンディーヴ・オ・ジャンボン(アンディーヴとハムのグラタン)2,000円。

「一応24時閉店だけど、時間通りに閉まったことがないかも」とスタッフ。いつ行ってもおいしいモノと楽しいことが大好きな大人たちであふれている。

(Hanako1123号掲載/photo:Misa Nakagaki edit & text:Hiroko Yabuki)

3.開店前から行列のできる店。〈á tes souhaits !〉/吉祥寺

69aeb208e3690b886b4d94a2e225b9ab

ブルターニュ地方の四ツ星ホテルでパティシエとしての腕を磨き、数々のコンテストのタイトルを持つ川村英樹氏の店。自身の中に湧き起こるイメージを具現化したスイーツは国産卵やブルターニュ地方独特の塩バターなど使用する素材を吟味している点が美味の秘密。開店前から行列のできる店だけに、ショーケースの中も瞬く間に空に!

63461ba1598c6a88db6948bc916b800e
「モンブラン」680円
9c62628ba54189b4c59a214e11f7b50c
「タルトタタン」580円

(Hanako1129号掲載/photo:Kanako Nakamura text:Kimiko Yamada)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る