ハヤシライス、ビーフシチューが人気!【東京】ランチにおすすめ老舗名店メニュー4選
2018.11.28

濃厚、魅惑の味。 ハヤシライス、ビーフシチューが人気!【東京】ランチにおすすめ老舗名店メニュー4選

冷たい風が身にしみるこの季節、仕事の一息ランチには、濃厚で身体が温まるハヤシライス、ビーフシチューはいかが?今回ご紹介するのは、東京にあるハヤシライス、ビーフシチューが美味しい老舗店です。

1.ハイカラな空間にワクワク!昭和レトロな〈万定フルーツパーラー〉/本郷

昭和初期に流行った建築様式のハイカラな外観。
昭和初期に流行った建築様式のハイカラな外観。

東大病院に見舞いに訪れる人のために果物を販売していた、大正3年創業の青果店が営む。青果店は閉店したため、フルーツメニューは少なくなったが、今もカレーやフレッシュジュースが味わえる喫茶店として人気を集める。

トマトの酸味が効いた「ハヤシライス」900円
トマトの酸味が効いた「ハヤシライス」900円

小麦粉から炒めて、香味野菜をたっぷりと煮込んだお手製。

「オレンヂジュース」400円。手搾りの天然ジュース。
「オレンヂジュース」400円。手搾りの天然ジュース。

手搾りの天然ジュース。市松模様の床が広がる店内は、昭和9年製のレジスターなど、往時を偲ばせるものであふれる。

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

2.創建昭和9年のビアホール、2階。〈ビヤ&ワイングリル銀座ライオン 銀座七丁目店〉/銀座

s_IMG_5918atari
重厚な店内で味わうのはほんのり甘い「フワトロ・オムハヤシライス」
重厚な店内で味わうのはほんのり甘い「フワトロ・オムハヤシライス」

(Hanako1142号掲載/photo : Mariko Tosa text : Miki Konno)

3.じっくり煮込むこと5日間。知る人ぞ知る築地の名物。〈東都グリル〉/築地

HK0_2767_atari

名物のビーフシチュー定食1,550円(税込。仕入れにより提供がない場合も)は、自家製デミソースを5日間かけて煮込む自信作。

HK0_2802_atari

国産和牛と合わせることで、奥深い味わいを生み出す。

(Hanako1156号掲載:photo : Hiromi Kurokawa text : Etsuko Onodera)

4.一週間かけて作り上げる至極の旨み〈ぱいち〉/浅草

DSC3938
名物の「ビーフシチュー」2,200円(税込)を始めたのは昭和40年頃。
名物の「ビーフシチュー」2,200円(税込)を始めたのは昭和40年頃。

名物の「ビーフシチュー」2,200円(税込)を始めたのは昭和40年頃。

DSC3921

トマトピューレにウスターソース、牛すじに野菜を加えたソースは約1週間火にかけ、牛バラを投入。人参やじゃがいもなどの具材は別茹でし、注文を受けてからソースとあわせる。「酸味が効いていてさらっと食べられる。盛りもよくて満足です」(KAPPABASHI COFFEE & BAR)。

(Hanako1144号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi Shoji text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る