DMA-_MG_0311-768x584
2018.12.15

ランチやスイーツ、飲みも充実。 3.5㎏のキングパフェも楽しめる!【武蔵小山】おいしいグルメスポット5軒

名前だけ知っている人も、駅で通ったことがある人も、その魅力を知れば、行きたくなること間違いなしの武蔵小山エリア。今回は、武蔵小山初心者にもおすすめのお店&グルメをご紹介します。

【ランチ&コーヒーブレイク】【閉店情報あり】良質な本とイチから手作りの食で頭と体にたっぷりの栄養を。〈HEIMAT CAFE〉

DMA-_DSF49711

オーナーがヨーロッパで出会ったブックレストランを再現。心の郷愁をテーマにしたカフェは、初めてなのにどこか懐かしい。学芸大学の古書店〈sunny boy books〉高橋和也さんが選書した本も絵本や小説、料理やアートなど様々だが、人の手のぬくもりを感じさせるものばかり。ほっとする味わいの料理とともに気持ちが安らぐ。店内の書架に並ぶ約1,000冊の本は雑誌も書籍もすべて購入可能。

カフェメニューのカフェラテ550円
カフェメニューのカフェラテ550円
オリジナルハンバーガー1,000円。バンズは地元の人気店〈コミネベーカリー〉に特注。
オリジナルハンバーガー1,000円。バンズは地元の人気店〈コミネベーカリー〉に特注。

(Hanako1127号P21掲載/photo:Yoko Tajiri text:Mutsumi Hidaka)

【ランチ】【閉店情報あり】本格的な味はそのまま、ヘルシーなカレー!〈なぎ食堂 武蔵小山平和通り店〉

atari_DSC4146

動物性の食材や乳製品不使用のヴィーガン料理を提供。野菜たっぷりヘルシーでありながら、スパイスやハーブを駆使することで奥行きある味に。

「ココナッツカレープレート」850円(税込)
「ココナッツカレープレート」850円(税込)

「仕事場が近所にあるので、時々ひとりでふらっと食べに来ています。武蔵小山の辺りってサクッと寄れる定食屋さんが意外となくて、そういう意味でも貴重なお店。ランチにいつも注文するのは『ココナッツカレープレート』。スパイシーな手作りカレーと、玄米ご飯もとってもおいしい。私自身はヴィーガンではないけれど、お惣菜もいっぱい付いてきて、ボリューミーだし大満足。野菜がたくさん摂れるのもうれしくて、食べてるだけで何だか健康になれそうな気がします(笑)」と漫画家マキヒロチさんもオススメのお店。

マキヒロチ/ヤングマガジンサードで「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」、月刊コミック@バンチで「いつかティファニーで朝食を」連載中。

(photo : Tomo Ishiwatari text : Etsuko Onodera edit : Kahoko Nishimura)

【コーヒーブレイク】遠方から通うファンも多数。〈IRON COFFEE〉

DMA-_DSC9907

駅から歩いてくると、コーヒーの香ばしい匂いが鼻をかすめる。この場所に店を構えたきっかけは、「スペシャルティコーヒーを出すお店が周りになかったため」とオーナーの磯野雄貴さん。コーヒー豆は両国に焙煎所を構える〈Single O〉のシドニー産の豆を使用している。シングルの豆は常時3種を用意し、エスプレッソ系は1種。

DMA-_DSC9919

一番人気はカフェラテ450円だが、常連の人にはドリップ500円(各税込)がよく出る。毎週遠方から通うファンもいるそう。

(Hanako1143号P103掲載/photo : Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita illustration : Taku Bannai text : Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

【デザート】シェアしてこそ楽しめるパフェ。創業当時と同じ価格なのも魅力。〈王様とストロベリー〉

武蔵小山 王様とストロベリー

創業1985年。無添加、無着色の素材を厳選したケーキ類も人気。

「誰かと分かち合える看板メニューを」と考案したのがジャンボパフェ。
「誰かと分かち合える看板メニューを」と考案したのがジャンボパフェ。

中はソース+ソフトクリーム+コーンフレークが4層。最後にプリッツを2本立て2人でシェアするのも歓迎。大人数でシェアするなら高さ60㎝・3.5㎏のキングパフェもあり。600円(税込)

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Kimiko Yamada)

【夕飲み】モツのうまさをピリッとサワーで味わおう。〈豚星〉

ATARI_Butahoshi-0473

武蔵小山のアーケードから徒歩2分。大きなガラス窓が目印のこちらのお店は、一見昔ながらの大衆居酒屋。しかし、メニューは新進気鋭。新鮮なモツを使った串焼きだけでなく、イタリアンやフレンチの技法でモツを使いこなし、老若男女を問わず幅広い層が訪れる。

ATARI_Butahoshi-0683

上シロ、カシラ、ハツモト各130円は炭火でこんがり焼きあげる。右上のトマト巻き200円や、自家製ベーコンと半熟卵400円も人気商品。唐辛子入りサワー・金魚390円と一緒に味わって。

(Hanako1121号掲載:Photo Shin-ichi yokoyama,text Mutsumi Hidaka edit)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る