愛され続ける味にはワケがある。【東京】絶品あんみつが人気の甘味処・カフェ5軒
2018.11.26

おやつの時間の甘いご褒美。 愛され続ける味にはワケがある。【東京】絶品あんみつが人気の甘味処・カフェ5軒

日本らしいの甘味・あんみつ。引き継がれた変わらない老舗の味は、一度は味わっておきたいもの。今回は、東京都内のあんみつが美味しい甘味処、カフェをピックアップ。おひとりさまでもゆったり過ごせる、雰囲気も魅力的です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.100年以上愛され続けている小倉アイスを使うあんみつ。〈みつばち〉/湯島

種類豊富なアイスクリームが店先に並ぶ〈みつばち〉。ここで100年以上にわたって愛され続けているのが小倉アイスだ。北海道産の小豆を使用し、乳脂肪分は一切入っていないというヘルシーなアイスクリームは、甘さ控えめで口当たりもさっぱり。最中に挟んでテイクアウトもできるが、定番人気は小倉あんみつや小倉白玉あんみつ。

小倉白玉あんみつ750円

北海道産の小豆や伊豆産の寒天、沖縄産の黒蜜と赤えんどう豆など、素材にこだわって作られた一品。ねっとりと濃厚な黒蜜はおいしさの秘密なので、アイスの上にトロリとかけて食べるのがおすすめ。

口の中でトロリと溶ける小倉アイスは、自家製あんこや抹茶求肥などの具材とも相性抜群。歴史を感じる店内でゆっくりと味わいたい。

(Hanako1162号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Momoka Oba)

みつばち

みつばち

  • かき氷/甘味処
  • 湯島駅

2.町の「部活動」も盛んな、交流基地的ほっこりカフェ〈さんさき坂カフェ〉/谷中

六阿弥陀道の終点、さんさき坂の角にあるキュートなカフェ。谷中商店街の名店〈三陽食品〉のあんみつを味わえるのがうれしい。

クリームあんみつ580円などの甘味は谷中銀座の〈三陽食品〉から毎日取り寄せている。寒天がみずみずしくて新鮮!
ひとりランチも兼ねたいときは、カウンター席で。栗と鶏肉の炒め物900円などほっとする味の日替わり定食。

夜にはテーマに沿ったパーティやライブが開催されることもあり、活気にあふれた空間に。サイクリング部、英語部、ウクレレ部など共通の趣味をもった常連が集まって活動する「部活動」もユニーク。この場にいるだけで自然に交流が広がって、自分も谷根千の住人になったような気分になれる。

(Hanako1144号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text & edit : Noriko Maniwa)

さんさき坂カフェ

さんさき坂カフェ

  • カフェ/ダイニングバー
  • 千駄木駅

3.老若男女に愛される江戸甘味。自慢の黒みつをたっぷりと。〈榮太樓 雪月花〉/日本橋

飴やきんつばで有名な〈榮太樓〉が本社に構える喫茶室。「みつ豆」702円はじめ、自家製餡を使った絶品スイーツはほかにもたくさん。

「クリームあんみつ 」810円。

定番の「あんみつ」は、つるっとした白玉と舌ざわりなめらかな餡、瑞々しいフルーツに弾力のある寒天と内容盛りだくさん。そこに職人が作る黒みつをたっぷりかけると、どこか懐かしさも感じる優しい甘さに。幅広い層に愛され続ける人気の一品。

(Hanako1130号掲載:photo:Kenya Abe text:Mariko Uramoto)

榮太樓 雪月花

榮太樓 雪月花

  • 和菓子/甘味処
  • 三越前駅/日本橋駅

4.「日本の歴史公園100選」の〈町田薬師池公園〉を眺めながら。〈やくし茶屋〉/町田

7,700㎡の広大な薬師池と豊かな緑の空間に囲まれ、「日本の歴史公園100選」にも選定された、町田市を代表する公園。

「クリームあんみつセット」750円

薬師池の前には古民家風の建物で30年以上続く〈やくし茶屋〉があり、絶景を眺めながらクリームあんみつやおしるこ、薬師団子など、昔ながらの甘味を味わえる。

(Hanako1157号掲載/photo : Ayako Koike, Kei Katagiri, Masanori Wada text : Ayano Sakai, Makiko Inoue)

やくし茶屋(町田薬師池公園)

やくし茶屋(町田薬師池公園)

  • 喫茶店/甘味処
  • 玉川学園前駅

5.次代へ受け継がれるみんなのおやつ。〈亀屋万年堂 総本店〉/自由が丘

総本店のある自由が丘をはじめ、東急沿線の街に根付いて、多くの人に愛されている〈亀屋万年堂〉。2018年は創業80周年と看板商品のナボナ誕生55周年が重なる記念すべき年。

ナボナのふわふわとした生地となめらかなクリームの食感は、和菓子が主流だった頃の昭和の家族を虜にした。以来、チーズクリームやパイナップルクリームなど、発売当初からの人気の味のほか、年に4回発売される季節限定ナボナもファンが多い。併設のカフェ〈亀屋万年堂茶房〉では、自家製あんこのあんみつなどの甘味も好評だ。

〈亀屋万年堂 総本店〉
■03-3717-0400
■東京都目黒区自由が丘1-15-12
■9:30~19:30、〈亀屋万年堂茶房〉11:30~18:00  元日休、「茶房」水休

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo: Atsushi Goto text: Hisako Iijima a)

編集部

今どきあんみつも気になる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る