吉祥寺 たいやき そら
2019.01.13

インスタ映えで可愛い。 あんこたっぷり!焼きたてが食べられる老舗たい焼き屋さん3選

ホットなスイーツがたまらない季節、美味しいあんこスイーツで心も体もほっこりしましょう!今回は、あんこ好きがこぞって訪れる老舗の人気たい焼き屋さんをご紹介します。

1. つぶあん好きにはたまらない、絶妙な甘さの鯛焼き〈たいやき そら〉/吉祥寺

吉祥寺 たいやき そら

かつては中道通りの屋台からスタートし、3年前から店舗を構えた鯛焼き店。昔ながらの一丁焼きにこだわった鯛焼きは、牛乳や卵不使用で、無農薬の北海道産小豆で作ったあんこを薄皮で包んだパリパリ感が身上。

イートインも可。つぶあんとドリンクのセットで500円。鯛焼きはテイクアウトで1 匹160円(各税込)
イートインも可。つぶあんとドリンクのセットで500円。鯛焼きはテイクアウトで1 匹160円(各税込)

沖縄産の黒糖やビートグラニュー糖、伊豆大島産の塩など国産にこだわった調味料のおかげか、甘すぎず、懐かしい味わいの鯛焼きは、つい2個3個と手が伸びてしまう。

(Hanako1129号掲載:photo:Kanako Nakamura illustration:Kenta Kaido text:Kimiko Yamada)

2. 上品な甘さの餡がたっぷり!老舗鯛焼き屋〈柳屋〉/人形町

%28%7B%20atariName%3A%20%22%28%u5F8C%u9001%u322C%29161212_130657.tif%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/028-029/%28%25E5%25BE%258C%25E9%2580%2581%25E3%2588%25AC%29161212_130657.eps%22%29%7D%29
%28%7B%20atariName%3A%20%22%28%u5F8C%u9001%u322C%29161212_130657.tif%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/028-029/%28%25E5%25BE%258C%25E9%2580%2581%25E3%2588%25AC%29161212_130657.eps%22%29%7D%29

創業100年の老舗鯛焼き屋。平日でも鯛焼きを求めて長い列ができる。おいしさの秘密は、小豆の風味を生かすためその日の朝に作った餡を使うこと。

鯛焼きは1個150円
鯛焼きは1個150円

(Hanako1125号掲載/photo : Maki Ogasawara text : MARIKO,Chihiro Yamamoto)

3. 8時間かけて炊き上げる粒あんが美味。〈鎌倉 浪花家〉/鎌倉

鎌倉 鎌倉 浪花家

鯛焼きの元祖〈浪花家総本店〉からのれん分けされた店が鎌倉に!本店譲りの一丁焼きの鯛焼きは一年中提供。

鯛焼き1匹170円(各税込)
鯛焼き1匹170円(各税込)

(Hanako1135号掲載/photo : Kaoru Yamada text : Yoko Fujimori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る