鎌倉・小町の人気ベーカリー〈ライ麦ハウスBakery〉。フィンランド出身のパン職人が手掛けるラインナップは?
2018.11.23

本場フィンランドのパンがずらり! 鎌倉・小町の人気ベーカリー〈ライ麦ハウスBakery〉。フィンランド出身のパン職人が手掛けるラインナップは?

鎌倉散策で是非訪れたい、小町の人気ベーカリー〈ライ麦ハウスBakery〉とは?フィンランド出身のパン職人が手掛ける、本格ラインナップとともにご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

本場出身パン職人が手掛ける、フィンランドの味を再現する一軒。

店はフィンランド・ブルーと白が基調。

フィンランド出身のご主人と奥様の優子さん、2人のパン職人が作る現地スタイルのベーカリー。

ライ麦100%パンも豊富。

ここではライ麦や大麦、オートミールなど様々な種類の麦を使った本場のパンが30種以上も並ぶ。

ご主人のアキさん。故郷の伝統的な手法でパンを作る。

「フィンランド人はヘルシー志向」とご主人のアキさんは、オートミールや栄養価の高い現地産のベリーなどを一緒に練りこんだパンを、特注の溶岩窯でふっくらと焼く。

本場フィンランドのパンがずらり!注目ラインナップをチェック。

現地の人が愛してやまないシナモンロール190円。

しっとり落ち着いた庭を望むイートイン席も好評。

フィンランドの乳製品で甘酸っぱいクリーム・ラハカとベリーを使った「ピルベリーラハカ」220円。
「プレーンラハカ」210円。
具入りのミルク粥をライ麦生地で包んだ「カリヤラン・ピーラッカ」250円。

ドーナツ形の伝統パン・レイカレイパや、軽食の一種カリヤラン・ピーラッカなど、ネイティブにとって国民食ともいうべきパン。これが間違いなく日本人の舌にもすんなりと溶け込んでくる。

〈ライ麦ハウスBakery〉

■神奈川県鎌倉市小町2-8-23
■0467-24-0229
■10:00~17:30 水休 
■5席/禁煙 

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama text:Kimiko Yamada)

編集部

ブーランジェリーレカンのシナモンロールが大好き!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る