DMA-_MG_02581
2018.11.23

相性抜群の料理と。 仕事終わりはここで乾杯!都内でいま話題のクラフトビールを楽しめる、おすすめビアバー3軒

いまドラマで話題のクラフトビール。今回は、さまざまなビールの味わいと相所抜群の軽食メニューが楽しめるお店をご紹介します!初心者でも大歓迎。仕事終わりにふらっと立ち寄れる、行きつけにしたい良いお店。

1.〈NIHONBASHI BREWERY〉/馬喰町

DMA-_MG_0183

国内外のクラフトビールを集めた専門店。

DMA-_MG_0258

米国ポートランドのエコブルワリー〈HUB〉をはじめクラフトビールが13種も。特に〈HUB〉の醸造長がこの店のために作った「NIHONBASHI IPA」は話題!

ランチより「オクラと大葉のジェノベーゼ」1,250円、「NIHONBASHI IPA」(M)380円~
ランチより「オクラと大葉のジェノベーゼ」1,250円、「NIHONBASHI IPA」(M)380円~

(Hanako1142号掲載/photo:Kenya Abe text:Kimiko Yamada)

2.〈Kikuya René〉/三軒茶屋

テラス席もあり。
テラス席もあり。

茶沢通り沿いにあるクラフトビールがおいしいビストロ。個性も年代も幅広い客層は、都心でありつつ下町情緒の残る三茶という街ならでは。

ATARI-0297

特等席はスタッフとの会話が楽しいカウンター。ライトグレーのカウンターでは、さわやかな男子がテキパキと立ち働き、店は和やかな活気に満ちている。シェフは三茶屈指の繁華街「三角地帯」の店で10年腕をふるった濱砂将明さん。一流ホテルも経験した彼の人柄を映してか、スタッフは皆紳士的でフレンドリー。彼らとの会話と冷たいビールを目当てに訪れる人は、ご近所のシニアから沿線の女子まで。

人気のシャルキュトリと前菜の盛り合わせ1,500円
人気のシャルキュトリと前菜の盛り合わせ1,500円

樽生を楽しめるクラフトビールは12種。国産を中心に軽めから重厚なものまで。フードは店内で仕込むシャルキュトリなど、しっかり食べられるものが多い。人気の「シャルキュトリと前菜の盛り合わせ」1,500円。「お客さんを驚かせたくて」とさらにボリュームアップ。ビールは600円~

縦長の店内には、奥に落ち着けるテーブル席や半個室もあり。
縦長の店内には、奥に落ち着けるテーブル席や半個室もあり。

縦長の店内には、奥に落ち着けるテーブル席や半個室もあり。「お一人でもお気軽に。うちは隣り合わせたお客さん同士、話が弾んで盛り上がることも多いんですよ」と笑う濱砂さん。さらに土日はランチも。

(Hanako1143号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Chiho Ohsawa)

3.〈酒場 ニューマルコ〉/西太子堂

DMA-_DSC9956

三軒茶屋の人気居酒屋〈三茶呑場マルコ〉の姉妹店としてオープンした〈酒場 ニューマルコ〉。少人数や一人でも落ち着いて過ごせる場所がコンセプトの店内は、カウンターと立ち飲みがメイン。

DMA-_DSC9965

料理も少人数向けの小さなポーションになっているのがうれしい。お酒の種類も豊富で、生のクラフトビールタップが常時3種、ワインは100本以上、そのほか日本酒や各種サワー系もそろう。「酒のあて盛り5種」1,500円など華やかなおつまみとともにおいしいお酒を味わって。

(Hanako1143号掲載:photo : Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita text : Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る