都内の老舗甘味処・喫茶店、おすすめデザートとは?【抹茶ババロア・ジャンボプリン】
2018.11.18

スイーツ好きなら一度は食べたい! 都内の老舗甘味処・喫茶店、おすすめデザートとは?【抹茶ババロア・ジャンボプリン】

スイーツ好きを名乗るなら一度は食べたい、絶品デザートとは?ツレヅレハナコさんをナビゲーターにお迎えして、都内にある老舗甘味処・喫茶店の抹茶ババロアとジャンボプリンをお届けします。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

〈紀の善〉の「抹茶ババロア」

3_03kinozen1013
「抹茶ババロア」610円

緑色のぶるぶるとした立方体は、上質な抹茶をたっぷり使ったホロ苦いババロア。さほど甘くないホイップと、きっちり甘いあんこが添えられていて、この3つを一緒に口に入れれば三位一体にもほどがある!神楽坂に行く時はマストバイのお土産です。

〈紀の善〉
■新宿区神楽坂1-12
■03-3269-2920
■11:00~20:00(日祝11:30~18:00) 月休
■80席/禁煙

〈ヘッケルン〉の「ジャンボプリン」

1_04hekkelun1013
「ジャンボプリン」350円

「絵に描くプリンって、こんな感じだよな〜」と思う、漫画みたいなプリン。名物マスターが毎日作る焼きプリンは堅めで濃厚!カラメルも、しっかりビターに焦がしてあります。界隈に勤めるおじさんたちが、うれしそうにプリンを食べている店内もピースフル。

〈ヘッケルン〉
■港区西新橋1-20-11 安藤ビル1F
■03-3580-5661
■8:00~19:00(土~17:00) 日祝、第2土休
■24席/喫煙

今回教えてくれたのは…

ツレヅレハナコ/食ブロガー。生粋の辛党で、お酒とお酒に合う食べ物のことを考えていると一日が終わる。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)ほか。@turehana1

(Hanako1122号掲載/illustration:Yurikov Kawahiro text:Turezurehanako)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る