喫茶店の新時代。新しい喫茶店のカタチを楽しめる都内で人気「ネオ喫茶」3軒
2018.11.18

昭和にタイムスリップ!? 喫茶店の新時代。新しい喫茶店のカタチを楽しめる都内で人気「ネオ喫茶」3軒

最近再び人気が高まっている喫茶店。昭和以前にオープンした「レトロ喫茶」もいいけれど、今回は、平成オープンでも、昭和や大正へのリスペクトがあふれる「ネオ喫茶」をご紹介します。洗練されたカフェとはひと味違う、昭和感あふれる名店を是非訪れてみてはいかがですか?

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.2016年オープン。昭和から受け継ぐハイカラな味。〈丸福珈琲店 銀座喫茶室〉/銀座

1934年大阪生まれの純喫茶が一昨年、銀座に進出。

表面サクッのホットケーキは懐かしい味。

「銀座喫茶室オリジナルブレンド」は、深煎りの極みと呼ばれる豆を、独自の抽出器具を使って熟練の職人のみが淹れるこだわりの一杯。ホットケーキとセットで1,580円(税込)。

〈丸福珈琲店 銀座喫茶室〉
■東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座6F 
■03-6264-5490
■11:00~21:00/休みは施設に準ずる 
■90席/禁煙

(Hanako1153号掲載/photo : Mao Yamamoto text : Mariko Uramoto)

2.2017年オープン。’70年代の記憶を集めた、懐かしい場所。〈喫茶ネグラ〉/下北沢

店名は“寝ぐらのように寛げる場所に”との思いから。店主は美大生時代から1960〜70年代の世界観が好きだったという古谷愛実さん。

扉を開けると、まるでおばあちゃん家に来たかのような既視感に包まれる。天井にはレアなナショナルのランプシェードが光を灯す。

自家製トマトソースで作るナポリタンも自信作。スープ・サラダ付き1,050円 。

昭和30〜40年代に流行したマグは店の愛用品の一つ。「キャラメルミルク」600円 。

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

喫茶ネグラ

喫茶ネグラ

  • 喫茶店
  • 下北沢駅

3.2012年オープン。音楽と本とコーヒーと。〈トムネコゴ〉/井の頭公園

柱時計が時を刻む音、日本の古い家具、柔らかく響くジャズのモノラル盤。それが店主の平たいら良巨なおさんが理想とする喫茶の空間だ。

ONKYOのスピーカーは出力をモノラルにして温かい音質にしている。

主役はきちんとおいしいネルドリップのコーヒーで、食べ物は潔くチーズケーキとトーストのみ。

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

トムネコゴ

トムネコゴ

  • 喫茶店
  • 井の頭公園駅
編集部

店内に入った瞬間に感じる懐かしい雰囲気が心をくすぐる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る