DMA-_MG_9219-768x584
2018.11.20

頑張った自分へのご褒美に。 今、行くべき本当に美味しい蕎麦屋とは?至極のひとり時間を堪能できる3軒

Hanako女子の贅沢なひとり時間には、蕎麦そのものの美味しさと日本酒のマリアージュも楽しみませんか?おひとりさまでもゆっくり堪能できる、本当に美味しいお蕎麦屋さんを厳選しました。

1.緻密に組み立てられた鴨蕎麦のフルコースを昼から味わえる、わずか6席の贅沢な空間。〈鴨蕎麦 尖〉/自由が丘

_W5A1019

蕎麦で一番おいしいのは鴨蕎麦、との結論に至ってオープンした路地裏の店。

「鴨蕎麦」(1,550円)
「鴨蕎麦」(1,550円)

別々に盛られた産地違いの2種の蕎麦は、店内の石臼で挽いた自家製粉の手打ちそば。まずは塩とおろしたてのワサビで蕎麦自体の風味を味わって、次に特製鴨汁で食べる。鴨ガラを6時間以上煮込んで白湯をとり、かつお節や醤油と合わせたとろみのある鴨汁は深いコク。付け合わせの鴨肉3種類は、両サイドが胸肉でマスタードソースとバルサミコ。真ん中は鴨の燻製。最後は“飲む蕎麦”と異名をとる特濃の特製蕎麦湯で〆る。

DMA-_W5A0966

「蕎麦の味が決まるのは水回し」と店主。夜は蕎麦を平らにした「蕎麦刺し」なども提供するが「うちでしか食べられないものだけ出します」とこだわりは尽きない。

(Hanako1120号掲載/photo:Yoichi Nagano text:Junya Hirokawa)

2.みずみずしい蕎麦の食感をつるっと、喉で堪能。〈手打ち蕎麦 驀仙坊〉/中目黒

DMA-_MG_0195

中目黒に店を構えて16年。麺は玄蕎麦挽きぐるみの二八蕎麦で、細すぎず太すぎず、やや平ためで喉越しがいいのが特徴だ。店名を冠した「驀仙坊」(写真)1,260円は山葵のおひたし、親田辛味大根、かいわれをのせた冷たいお蕎麦。辛いモノ好きにはたまらない。

DMA-_MG_0217

営業時間は変更の場合があるので来店前に電話で確認を。

(Hanako1143号掲載/photo: Shinsuke Matsukawa, Yuko Moriyama, Kenya Abe, Daiki Katsumata text: Makiko Inoue, Yukina Iida, Hiroko Yabuki, Mariko Uramoto)

3.季節の食材を使った一品料理と酒が愉しめる、粋な大人の蕎麦屋。〈蕎麦シカモア〉/上町

DMA-_MG_9208

世田谷通り沿いにある上町を代表する名店。

DMA-_MG_9219

ご近所の〈亜細亜食堂サイゴン〉にインスパイアされて考案したという「海老とパクチーの水餃子 蕎麦つゆ仕立て」900円や、〈工芸喜頓〉で購入した器など、この町と店主・小川亮さんの関係性から生まれたものは数知れず。旬の食材を使った肴も充実し、蕎麦まで辿り着けないほど。「長崎県対馬産の真サバすだち〆炙り」1,200円と日本酒を楽しんで、香りとのどごしが抜群の茨城県桜川産の「十割そば」750円を〆に(各税込)

(Hanako1143号掲載/photo: Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita text: Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る