カフェのような気軽さで楽しめる麺グルメ!都内おすすめ店【うどん・焼きそば・フォー】
2018.11.16

おひとりさま必見。 カフェのような気軽さで楽しめる麺グルメ!都内おすすめ店【うどん・焼きそば・フォー】

味もバリエーションも豊富な麺料理!一人でも気軽に立ち寄れるお店が多く、気を張らずに美味しいメニューを楽しめる手軽さもうれしいですよね!今回は、おひとりさまにもおすすめ麺グルメをご紹介します!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.カフェのようなお店でいただく手延べうどん。〈豊前房〉/中目黒

岡山の職人による手延べ麺がウリ。温かいうどんはいりこと昆布、冷たいメニューは昆布と鰹のダシを使い分け、やさしい味わいに仕上げる。

がっつり派は「ピリカラ肉うどん」1,350円を。和牛炒めを豪快にトッピングしていて、満足度高し。ピリカラ肉うどんは売り切れ次第終了。

(Hanako1143号掲載/photo : Shinsuke Matsukawa, Yuko Moriyama, Kenya Abe, Daiki Katsumata text : Makiko Inoue, Yukina Iida, Hiroko Yabuki, Mariko Uramoto)

豊前房

豊前房

  • うどん
  • 池尻大橋駅

2.外はパリパリ中はトロトロ。〈梅蘭〉/池袋

30年間かけて磨き続けた一品「特製海鮮梅蘭焼きそば」1,530円(税込)。カリッと焼いた焼きそばの中に、魚介の旨みが詰まった沙茶醤(サーチャージャン)で炒めた海老、イカ、ホタテなどのあんがたっぷり。

(Hanako1146号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Miki Konno)

梅蘭

梅蘭

  • 中華
  • 池袋駅

3.LAの洗練されたヘルシーフォー。〈Pho 321 Noodle bar〉/原宿

カリフォルニアのフォー文化に影響を受けながら、独自のアレンジを加えたベトナム麺を提案する食堂。化学調味料無添加のヘルスコンシャスなフォーを提供する。

「野菜のフォー」Sサイズ830円(Mは1,080円)。鶏&牛フォーのほかに野菜や魚のブンなどもあり、契約農家から直送される旬の無農薬野菜が盛りだくさん。スープは鶏スープに昆布だしを加えたWスープ。食後の喉の渇きとは無縁。

(Hanako1140号掲載/photo : Kenya Abe, Yoichiro Kikuchi, Yuko Moriyama, Jiro Fujita text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda, Mariko Uramoto)

Pho 321 Noodle bar

Pho 321 Noodle bar

  • ベトナム料理
  • 原宿駅
編集部

通いたくなる美味しさと手軽さが魅力!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る