イートインやテイクアウトもできる!東京・日比谷で立ち寄りたい、老舗からニューオープンのパン屋3選
2018.11.11

話題エリアでパン活。 イートインやテイクアウトもできる!東京・日比谷で立ち寄りたい、老舗からニューオープンのパン屋3選

「日比谷にパン屋なんてあったっけ?」という人、名物パンの存在に気づいていないだけかもしれない。日比谷は駅から徒歩数分以内でおいしいパンにたどり着ける利便性の高いエリア。最近オープンした店もあれば、パン屋と名乗っていない店もある。映画が始まる前や日比谷公園を散歩する前に立ち寄って、おいしいパンをテイクアウトしよう。(PR/東京ミッドタウン日比谷)

Hanako.hibiya / 編集部

「日比谷のまちを、おいしく。」

Hanako.hibiya
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

ホテルの味を楽しむ〈ガルガンチュワ〉

トラディショナルブレッドやイングリッシュブレッドなど食パンの種類が豊富。

「帝国ホテルの味をご家庭で」をコンセプトに、1971年に誕生したホテルショップ。惣菜やケーキ、チョコレートなどと合わせて、ベーカリー専任スタッフが手がける自家製パンを購入することができる。食事に合うオーソドックスなパンが多いのが特徴で、老若男女問わず支持が高い。ベストセラーも多く、1911年からレシピをほぼ変えずに作り続けている「バターロール」はふっくらとした口当たりが特徴の人気商品。【続きを見る】

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る