DMA-AKA-6878-768x584
2018.11.16

海外のデザートを再現したお店も! 名物スイーツでティータイム。空間も魅力的な都内おすすめ喫茶店とは?

喫茶店での楽しみといったら、カフェはもちろんですが、何といっても甘いスイーツ!今回は、眺めるだけでもうっとりな美味しいスイーツをお目当に訪れたい喫茶店をご紹介。老舗の伝統を感じられる店内にも注目です!

1.器の可愛さにもきゅん。珈琲を引き立てるスイーツもぜひ。〈古瀬戸珈琲店〉/御茶ノ水

d46b12fae105f55df3312a256bb04a63

瀬戸の窯元と縁深いオーナーが1980年にオープン。カウンターの壁一面に並ぶカップは世界の一流メーカーの品から日本の作家モノまで200客以上。これらを選んでコーヒーを楽しめる。

b8b78fe8306ddeadd40ae1dc2953a097-1

自家製の「シフォンケーキ」は独特のしっとり感が人気。温かい皮に冷たいカスタードを詰めた「シュークリーム」480円(写真)はラム酒を効かせた大人の味わい。

(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

2.ウィーン市公認店の力作、伝説のデザートを現地風に。〈CAFE WIEN 三越日本橋店〉/三越前

三越前 CAFE WIEN 三越日本橋店

1983年創業、ウィーン市公認のカフェ。フランスの著名なシェフ、エスコフィエがオーストラリアのオペラ歌手ネリー・メルバのために作った伝説のデザートをここでは可能な限り忠実に再現。

「フィルシメルバ」972円、セット1,620円
「フィルシメルバ」972円、セット1,620円

「フィルシメルバ」972円、セット1,620円。黄桃にバニラ、ラズベリーソース、アーモンドを混ぜて楽しむこのスイーツは「氷で彫った白鳥の器に盛るのが本来」とここでは白鳥グラスで提供。

(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

3.店内に流れる音楽とともに、心豊かなひとときを。〈音楽喫茶 acacia〉/小竹向原

DMA-AKA-6949

声楽科の教授だった父に、ピアノを教えてい た母と、音楽一家で育った渡邊啓吾さん。両親から受け継いだ店を、現在は奥様と一緒に 切り盛りしている。店内には希少なクラシッ クのレコードや、足踏みオルガン、〈タンノイ〉のスピーカーと、オーディオマニア垂涎の品も。午前中は愛唱会などカルチャー教室を開催。古伊万里やマイセンなどの素敵なカップが並ぶ。好みのものを選んで。

DMA-AKA-6878

「モンブランと紅茶のセット」1,080円。

(Hanako1150号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Mikiko Okai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る