名料亭御用達!リニューアルした日本橋の老舗乾物店〈八木長本店〉で、「出汁」文化を気軽に体感!
2018.11.12

出汁のテイスティングサーバーや新商品も続々! 名料亭御用達!リニューアルした日本橋の老舗乾物店〈八木長本店〉で、「出汁」文化を気軽に体感!

和食の基本「出汁」文化を世界に発信すべくリニューアルした、日本橋の老舗乾物店〈八木長本店〉。出汁を飲み比べできるテイスティングサーバーや、スイーツを含めた新商品など、より出汁を身近に感じられるように。そんな気になる老舗の名店の“今”をお届けします!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

日本の出汁文化を残すための大胆なリニューアル。

創業は元文2年(1737年)。徳川幕府八代将軍吉宗の頃から鰹節、しいたけ、昆布など出汁のもととなる乾物を販売してきた老舗だ。商品は名だたる料亭も愛用する逸品ばかり。「最近は外国人のお客様で和食の出汁に興味を持つ方も多いんです。だからこそ、日本橋から世界に向けて日本の出汁文化を発信してゆけたら」と、リニューアルを決意した九代目社長・西山麻実子さん。コンクリート打ちっぱなしのシンプルな店内には、新商品に加え、様々な趣向が登場。日本が誇る出汁のおいしさと奥深さを再発見させてくれる。

市場のように回遊できる物販フロア。

建築家の長坂常氏が手掛けた内装は“市場”がテーマ。中央にはカウンターを備え、試食やレクチャーなど様々な用途に使える。その周囲をぐるりと回遊できるよう設計された店内は、あえて木箱を並べた陳列が楽しい。

5種類の出汁を自由にテイスティング。

新しく設置されたのは出汁を自由にテイスティングできるサーバー。八木長が誇る5種の出汁を気軽に飲み比べできる。老舗ならではの手法で抽出した出汁は滋味深さ満点。出汁の好みを知る、いいきっかけになりそう。

自社で一から開発した新商品がこんなに。

一番人気はこの削りたて節!540円。
北海道産小豆と国産桜葉の自社製アイスは桜餅のようなおいしさ。540円。
丹波産極大粒黒豆と沖縄産黒砂糖を使った大人の味。540円。
自社開発した無添加の「日本橋おでん」864円(各税込)。
鰹枯れ節と宗田かつお節でとった「東のだし」518円。
焼きアゴとかつお節が主体の「西のだし」518円。

〈八木長本店〉

11月にオープンする4階では、出汁の抽出法から和食まで、基礎から学べる教室なども開催。
■東京都中央区日本橋室町1-7-2
■03-3241-1211
■10:00〜18:30(土〜20:00)

(Hanako1165号掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama Ishiwatari text:Kimiko Yamada)

編集部

進化する乾物店!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る