長崎の広大な自然と地元食材で、癒しの旅。【五島列島・福江島】美味しい海の幸グルメ。
2018.11.11

お魚好き必見の旅。 長崎の広大な自然と地元食材で、癒しの旅。【五島列島・福江島】美味しい海の幸グルメ。

長崎の西海に浮かぶ五島列島・福江島。五島の食材を存分に使った島グルメの中でも、今回は海の幸を思いっきり堪能できるお店をピックアップ!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.お目当ては五島の魅力がギュッと詰まったパエリア!〈Big wave cafe〉

DMA-_E1M9052

大阪国際ホテルやアラブ首長国連邦の日本大使館シェフなどの経歴を持つ篠田公三さんは妻の由美さんの故郷で完全予約制のレストランを営む。

DMA-_EM14373
写真は五島パエリアコース(2,000円、税込)より前菜とパエリア

キビナゴやトマトなど五島の食材を使った瓶詰めも人気。

DMA-_EM14404

ゆったりと、ランチコースをいただくのがおすすめ。

2.新鮮な海の幸の郷土料理が堪らない!〈心誠〉

DMA-_M1E7939

辻調理学校出身の店主・佐野誠さんが、近海で獲れた魚を中心に、バラエティ豊かな郷土料理をこしらえる。

DMA-_M1E8035

「はこふぐの味噌焼き」(1,500〜2,500円)は、肝を取り除き焼き上げたところに自家製味噌やネギを落とし、身を削ぎながら食べる逸品。旬の刺身をたっぷりのせた海鮮ちらし丼(2,500円、各税込)もぜひ。

3.旅の思い出には「鬼鯖鮨」をお土産に!〈鬼鯖 木場店〉

DMA-_EM14482

鯖鮨を五島の名物に押し上げた立役者。マイルドな旨酢に浅く漬け、真鯖本来の味が引き立つよう仕上げる。さらに五島産の米「ヒノヒカリ」や無添加醤油にもこだわる徹底ぶりだ。毎朝3時から手作業で作り、空港や港に出荷しているが、直営店に行けばいつでも確実に手に入る。

DMA-_M1E7817
鯖を2枚重ねた「鬼鯖鮨(ダブル)」2,916円(税込)
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る