キュートな萌え断「フルーツサンド」が看板メニュー!東京都内のおしゃれカフェ4軒
2018.11.09

デート使いにバッチリなお店! キュートな萌え断「フルーツサンド」が看板メニュー!東京都内のおしゃれカフェ4軒

今回紹介するフルーツサンドが美味しい東京のカフェの魅力はそのメニューだけではありません。足を運べば、こだわり溢れるおしゃれな内装に、最高のホスピタリティを感じること、間違いなし。都会的かつほっと落ち着く空間は、デートにもおすすめです。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.名店〈ペリカン〉の心踊る愛らしいパンを、口に運ぶ喜び!〈ペリカンカフェ〉/浅草

店舗デザインを手がけたのは酒匂ー克之さん。「歴史あるペリカンの哲学は変えられないし、顧客のイメージを裏切るようなことはできない。でも、フレッシュな感覚は盛り込みたい。そこで、アノニマスな感じの店作りができたらなと」。

家具はさりげない、個性の強くないものに。店舗デザイン同様、上質だけど匿名性があるものを選んである。床にもご注目。ひと昔前によく使われていた高価なテラゾーに真鍮目地。

左下から上下にミックスサンド650円、ハムカツサンド650円、フルーツサンド860円、パンの耳揚げ320円、本日のサンドイッチ540円~、オムレツサンド650円。

「炭焼きトースト」ドリンク付き540円。食材に合わせて厚さと焼き加減を調整。

(Hanako1144号P22〜25掲載/photo : Taro Hirano text : Michiko Watanabe, Wako Kaneshiro)

ペリカンカフェ

ペリカンカフェ

  • カフェ/サンドイッチ/ベーカリー
  • 田原町駅

2.〈GINZA SIX〉の小ロンドン!?とことんUKに浸れる〈JOE’S CAFÉ〉/銀座

ロンドン発のファッションブランド〈ジョゼフ〉がプロデュースするカフェで、本国以外では海外初。

選書家の幅允孝氏セレクトの書籍が並び、小さなライブラリーのよう。

ドリンクの推しはもちろん紅茶。

フルーツサンドウィッチ・ミックス980円、JOE’S CAFÉブレンド ロイヤルミルクティー850円。

ポットサーブで数杯いただけるので、本を読みながらゆっくり過ごせる。

(Hanako1165号掲載/photo : Tomo Ishiwatari text : Hiroko Yabuki)

JOE’S CAFÉ

JOE’S CAFÉ

  • カフェ
  • 銀座駅

3.サンドイッチのお手本のようなパンと卵の完璧バランス。〈はまの屋パーラー日比谷店〉/日比谷

45年以上の歴史を持つ純喫茶の名店〈はまの屋パーラー〉の2号店。

当時から看板メニューだった卵サンドは、薄めのパンに博多の焼き塩を加えたふわふわ卵焼きを挟んで完成。パンと卵が一体化した口溶けのよさといったら、感動もの。「5〜6種類のフルーツが入ったフルーツサンドとハーフにすると、デザート感覚も楽しめてお得です」プラス50円でトーストも可。日比谷店限定の生搾り野菜ジュース1,000円(税込)も絶品。

(Hanako1123号P32掲載/photo:Kenya Abe(la kagu¯), Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

4.老舗ベーカリーのパンを使用したふんわり柔らかフルーツサンドがイチオシ!〈銀座凮月堂〉/銀座

ゆったりとした店内で楽しんでほしいメニューは、老舗ベーカリー〈木村屋總本店〉のふんわり柔らか色白食パンを使用したフルーツサンド。

「クリームとなじみがいいこと、ご飯のように毎日食べても飽きない素朴な味わいが選んだ理由」と八幡法雄料理長。

メニューにはないが、野菜のミックスサンドとフルーツサンドを半分ずつオーダーすることも可能だ。1,450円(15時までドリンク付き)

(Hanako1128号掲載:photo:MEGUM(I DOUBLE ONE) text:Mariko Uramoto)

銀座凮月堂

銀座凮月堂

  • 喫茶店
  • 銀座一丁目駅
編集部

おしゃれな店内、メニューも魅力的!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る