昼と夜で全く異なる顔を持つ【沖縄】美味しいがいっぱいの栄町市場へGO!〜餃子編〜
2019.01.03

レッツ、栄町ホッピング! 昼と夜で全く異なる顔を持つ【沖縄】美味しいがいっぱいの栄町市場へGO!〜餃子編〜

昼間の市場は野菜や魚介、お惣菜を求めて、沖縄マダムが、旅行客がやってきます。夜は急転、飲んべえの聖地に。これが楽しい。栄町いい街です。今回は、熱々、パリッパリッの餃子のお店をピックアップ!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.注文を聞いてから包む餃子。〈大石餃子店〉/安里

沖縄 大石餃子店

おしゃれな餃子店。包みたてがおいしいからと、注文を受けてから包み始める。ラー油も自家製だ。

沖縄 大石餃子店

焼餃子5個350円、水餃子3個250円、野菜も一緒に蒸す蒸し餃子5個500円

2.北京から来た家族が作る餃子。〈一番餃子屋〉/安里

一番餃子屋 沖縄

オープンしたのは2年前。餃子は焼き、水ともに花マル。

一番餃子屋 沖縄

特製醬油ラーメン500円が屋台風の味でおすすめ。メニューに、「毎週水曜日は、焼き餃子、水餃子50円引き」とある。水曜に来なくちゃ。

3.目の前で皮をのばして包んで。〈べんり屋 玉玲瓏〉/安里

沖縄 べんり屋 玉玲瓏

夕暮れともなると、中国人のマダムが奧でずっと餃子を作り続けている。大にぎわい。すぐに座らず、オーダー表に印をつけて、席を作ってくれるのを待ってね。

沖縄 べんり屋 玉玲瓏
焼餃子10個500円、小籠包6個650円

(Hanako1136号掲載/photo: Norio Kidera text: Michiko Watanbe)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る