デキる女子はウィスキーをチョイス。【東京】初心者も安心なウィスキー専門バーで大人女子計画!
2018.11.06

飲み比べセットもおすすめ。 デキる女子はウィスキーをチョイス。【東京】初心者も安心なウィスキー専門バーで大人女子計画!

「ウィスキーはジェントルマンの飲み物」なんてイメージ、もう古い!低カロリーということもあり、ウィスキーを選ぶ女性が増えているのです。今回は、ウィスキーの品揃えが豊富な東京のバーをご紹介!ウィスキーを嗜みながら、いざ「オトナ女子計画」!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.ウィスキー初心者にやさしいバーへ。〈BAR アイラ島 銀座〉/銀座

MG_0639_atari

入口に焙煎機が置かれたこちらは、日中はコーヒー専門店の顔を持つスコッチウィスキーをそろえる店。店主の舘田智(たてださとし)さんが、スコットランド・アイラ島の蒸留所に出向いて仕入れたボトルが棚を埋める。「飲んだことのない人や、少しでも興味がある人のきっかけの場になれば」。好みの味のコーヒーを見つける気軽さで、ふらりと立ち寄れる。ハイボール好きなら、まずはソーダ割りで試してみては?

MG_0634_atari

左から、ブルックラディ1,000円。蒸留酒をおいしくする〈和吉〉のグラスで。春ブレンドコーヒー950円(各税込)。バータイムにコーヒーもOK!

(Hanako1153号掲載/photo : Akira Yamaguchi, Kenya Abe (Mixology Salon, BAR Islay Ginza Tokyo Japan), Kayoko Aoki (Night classes of BANANA JUICE) text : Yumiko Ikeda)

2.ウィスキーの次なるステージがここであなたを待っています。〈日比谷BAR WHISKY-S Ⅲ〉/三田

DMA-hibiki_0038

ウィスキー専門のバー〈日比谷BAR WHISKY-S Ⅲ〉。ハードルが高そうと尻込みは無用。ビギナーにおすすめなのは、飲み口軽やかでほんのり甘めな一番人気のキングハイボール。

115
ウィスキーは「ファーストフライト」734円(3 杯)

ちょっと踏み込んで好みの味を見つけるなら、少量ずつ飲み比べができるセットを試してみても。全世界のウィスキーが約100種類そろう。少量ずつ味比べができるセットが人気。ドリンクの氷は南アルプスの天然水を使用!

(Hanako1121号/photo:Michi Murakami text:Yumiko Ikeda)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る