器や空間にもこだわりがつまったおしゃれカフェがたくさん!浅草・蔵前エリアの美味しい一杯。
2018.11.09

おひとりさまも◎ 器や空間にもこだわりがつまったおしゃれカフェがたくさん!浅草・蔵前エリアの美味しい一杯。

浅草ぶらり町巡りに立ち寄りたい、バリスタが淹れる美味しいコーヒーやこだわりの器が楽しめるカフェをピックアップ!ゆっくり過ごしたい休日は浅草〜蔵前エリアをお散歩してみては?

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

バリスタが丁寧に淹れるコーヒーを味わえるブルックリン風のお店。〈SPLENDOR COFFEE〉/浅草

浅草駅と田原町駅の中間に昨年オープンしたコーヒースタンド。浅草には珍しく、ブルックリン風のスタイルだ。コーヒーマニアの店主が近隣のコーヒーショップと協力して作成したオリジナルのマップが手に入る。

カプチーノカプチーノ550円。エスプレッソにクリームのようなフォームドミルクを注いだコーヒー。バリスタが丁寧に淹れるコーヒーが好評。

〈ペリカン〉のパンに〈鎌倉ハム〉のロングソーセージを挟んだホットドッグが食事の人気メニュー。

(Hanako1141号掲載/photo: Mao Yamamoto text: Keiko Kodera)

SPLENDOR COFFEE

SPLENDOR COFFEE

  • カフェ
  • 浅草駅

お花好きにはたまらない空間。〈from afar 倉庫 01〉/浅草

蔵前駅と浅草駅のちょうど中間、材木倉庫として使われていた建物を改装したカフェ。

ここでは自慢のコーヒーと合わせて、中国茶やブレンドティーなど厳選したお茶を伊万里焼のカップに淹れて提供する。
写真の「水鳥」500円は、緑茶にいちごと桃、花を加えたブレンドティー。

カフェスペースには書籍や雑誌、絵本がずらり。お茶とともにゆったりと読書の時間を楽しむことができる。店内には中目黒の人気花屋〈ex.Flower shop &laboratory〉のスペースもあり、季節の花々との出会いも。ドライフラワーのブーケはギフトにもおすすめ。

(Hanako1145号掲載/photo : Yuko Moriyama text : Mikiko Okai)

from afar 倉庫 01

from afar 倉庫 01

  • カフェ
  • 浅草駅/蔵前駅

花柄のカップが時代をつなぐ〈CAFÉ ILE〉/蔵前

蔵前で37年間営業した喫茶店を、若き店主・多田佳織さんがほぼ“居抜き”で引き継いだ。「物件を探していた時、閉店予定だったこの店に出会い、昭和の雰囲気に一目惚れしました。直火式のサイフォンも花柄のカップ&ソーサーも、前店主から譲り受けたんですよ」と多田さん。約40年愛用されるカップは青と赤の2色。コーヒーはサイフォンで。ブレンド450円。

マーブルの天板のテーブルや重厚な木製イスなど、家具も内装も1970年代末の時代感が詰まっている。間仕切りの意匠も昔のまま。

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

CAFÉ ILE

CAFÉ ILE

  • 喫茶店
  • 蔵前駅
編集部

彼と、友達と、もちろんひとりでも!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る