DMA-IMG_0317-768x584
2018.11.03

創業100年以上の老舗も。 「おでん」が美味しい季節!優しい出汁が体に染み渡る。都内のおすすめおでん屋さん3軒

11月に入り、本格的な寒さが来るのもそろそろ。この季節に食べたくなるものといえば、やっぱりおでんですよね。優しい旨みとだしがしっかりと染みた具材の相性がたまらない!今回は、この冬絶対に食べたいおでんをご紹介します。

1.一家で受け継ぐ味。〈食事処 まえ田〉/浅草

DMA-IMG_0298

明治42年に茶屋として開店。店頭で作るおでんと牛すじ煮込みは、店を営む前田一家が受け継ぐ味。

DMA-IMG_0317

「おでんは代々の好みで味が変わってきた。先代はかなり濃かったけど、今は薄め」と4代目の幸子さん。その通りしっかりダシが染みているが、厚めの大根にふわふわのはんぺんと、素材の味がいきいき。昆布と鰹ダシで煮込む「おでん」700円(テイクアウトあり)は7種入り。

(Hanako1144号掲載/photo:Shinichi Yokoyama text:Wako Kanashiro)

2.やさしいダシが体に染みわたる。〈エプロン〉/吉祥寺

DMA-IMG_0172

「ちょっと飲みすぎたなぁ」なんてはしゃいだ日のシメにはぜひ〈エプロン〉へ。カウンターから見えるおでん鍋の中身に興味津々、木のぬくもりと清潔感が高級割烹のようでありながら、横丁らしい気軽さも。2階はテーブル席。

1114

名物のおでんは、関西風のすんだダシがほっと心と体に染みわたるおいしさ。

(Hanako1129号掲載/photo & text:Rio Hirai)

3.心地よい接客が心をほぐす、小さな酒場。〈酒匠 絆屋〉/湯島

MG_2422

東北の日本酒を30種以上そろえ、復興を真正面から応援し続ける大衆酒場。店主のアキラさんは石巻出身。おいしい日本酒知ってます。

DMA-_MG_2338

おでん150~250円。松阪牛の牛すじでダシをひく,アイドルメニュー。おでんにしよか、しじみのおダシがしみじみ旨い絆屋ラーメンにしよか、いっそのこと両方食べちゃおか、と悩むも楽しい、食べておいしい、小さなコの字酒場でカンパーイ!

(Hanako1121号掲載/photo:Misa Nakagaki text:Hikari Torisawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る