「ワイン×肉」の幸せペアリングを堪能!日本橋の人気イタリアン・ステーキ・焼肉店とは?
2018.10.30

日本橋飲みの最旬キーワードは「ワイン×肉」!? 「ワイン×肉」の幸せペアリングを堪能!日本橋の人気イタリアン・ステーキ・焼肉店とは?

日本橋飲みの最旬キーワードは、ずばり「ワイン×肉」。そんな幸せペアリングがたまらない、日本橋のイタリアン・ステーキ・焼肉店とは?デートにもおすすめの人気店2軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.イタリアワインと熟成肉で乾杯。〈MERCATO MERCATO!!〉

atari__MG_0211

人形町に登場したシェアハウス&シェアオフィス〈BEAKER〉の1階に2017年12月オープン。

atari__MG_0282

人形町の人気イタリアン〈トラットリア・コルディアーレ〉が手がけ、カジュアルなイタリアンを楽しめるダイニングだ。

atari__MG_0281
国産黒毛和牛A5ランク熟成肉ランプ(150g)3,900円~、赤ワイングラス600円~(各税込)。ワインリストはイタリアの自然派中心。ボトルは2,980円~とリーズナブルに楽しめる。

静岡県三島にある〈杉正農園〉から直送されてくる野菜や、世田谷の有名精肉店〈肉の藤枝〉の和牛などフレッシュな素材を集め、10月からは新たにイタリア各地の郷土料理をスタートしてパワーアップ。料理には同じ産地のワインを合わせられるので、イタリアの食文化をより細かく、より深く味わえそうだ。

atari__MG_0290
「CIÙ CIÙ PICENO BACCHUS 2016」ボトル3,980円(税込)

イタリア中部のオーガニックワイナリーが地元品種で造ったミネラルを感じる一本。魚介ほか赤身肉とも好相性。

〈MERCATO MERCATO!!〉
■東京都中央区日本橋人形町3-12-10
■03-5614-0551 
■11:30~14:00LO、17:00~22:30LO(土祝12:00~14:30LO、17:00~21:30LO) 日休(祝の場合は営業) 
■60席/禁煙

2.生肉をいただける川辺のワインハウス。〈BarBies Grill〉

atari__MG_0318

人形町で長く焼肉店を営んできた肉のプロ、髙橋剛さんがアメリカンスタイルの店をスタートさせた。ここは隅田川支流のリバーサイドに誕生した、グリル&焼肉のワインハウス。

atari__MG_0299

LAやNYを意識した内装で、窓からの景色も少し違って見える。1階のグリルでは生肉とBBQグリルを、約120種類のアメリカ産ワインとともに軽やかに堪能。セビーチェやなめろうなど、生肉をユニークにアレンジした前菜で始め、シメには日替わりの赤身ステーキやスペアリブを。

atari__MG_0370

上ミノのセビーチェ1,100円は、湯引きして歯ごたえをよくした上ミノと、マンゴー、トマト、ミント、ハラペーニョなどをマリネした爽やかな一皿。スパークリングワイン700円を合わせて。

atari__MG_0391
「Tribaut Schloesser Brut Origine」ボトル6,000円

生肉の前菜に合わせ1杯目はフルーティなスパークリングワイン。ピノ・ノワールを含んでおり、味わいはしっかり。

地下1階の焼肉店でもワインとの組み合わせを楽しめる。

〈BarBies Grill〉
今年4月にオープン。グラスワイン(赤・白)は800円~。
■東京都中央区日本橋本石町1-1-9
■03-6281-9729
■17:00~23:00LO 日休
■27席/喫煙(電子たばこのみ) 

(Hanako1165号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る