屋台グルメを味わいたい!濃厚ソースが食欲をそそる、美味しい粉ものグルメ3軒
2018.11.01

ポン酢で食べるたこ焼きも! 屋台グルメを味わいたい!濃厚ソースが食欲をそそる、美味しい粉ものグルメ3軒

たこ焼き、焼きそば、お好み焼き…どれも食欲をそそる屋台フード。ソースの香りが香ばしく、どこか懐かしさを感じる味でもありますよね。今回は、都内で美味しい屋台グルメを楽しめるお店をご紹介します。料理はもちろん、居心地の良い店内に思わず通いたくなるお店が勢揃い!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.三茶名物ラヂオ焼き!〈東京三軒茶屋ラヂオ焼〉/三軒茶屋

DSC5939-1

お客さんとの一体感が高い店内だが、一見さんでもアウェーな雰囲気を感じさせない居心地のよさも魅力。無農薬レモンや青汁を使った健康志向のお酒も評判。キンミヤ焼酎を青汁で割った「飲んべえの悪あがき」は490円。

DMA-_DSC5926-1

三茶名物のひとつ「ラヂオ焼き」は、たこ焼きの原点といわれており、牛スジとコンニャクが入った生地を注文ごとにふっくら焼き上げ、ポン酢+マヨネーズで食す逸品。

(Hanako1120号掲載:photo:Kenji Nakata text:Mikko Okai,Momoka Ohba)

2.焼きそば食べ放題コースも。〈焼きそばのまるしょう〉/本郷三丁目

799b6bb011b7ebd10b57121a5389adf1

千葉で22店舗を展開している人気の専門店が、2016年都内に進出。店内の製麺室で、全粒粉を含め3種類の小麦粉をブレンドして作る自家製麺は、小麦の風味が豊か!夜は焼きそば食べ放題コースも。

123

特製ソース焼きそば630円(並盛)をはじめとして、雪塩味、醤油味、ナポリタンなどの創作系、etc…、店長の関口雄一さんが考案した味のバリエーションは約20種類もある。鯛ダシのスープは130円。

(Hanako1123号掲載/Kanako Nakamura text:Haruka Koishihara)

3.これぞ王道!目の前で焼かれる熱々お好みをカウンターで半分こ。〈福一〉/三軒茶屋

DSC5870-1

ソースの香りが立ち込める味のある店内に胸が高鳴る。

DMA-_DSC5629-1

「府中焼き・豚玉」850円。府中焼きとは、広島県・府中市地方で食されているお好み焼きのこと。薄い生地の上に、たっぷりのキャベツやいか天、麺、牛ミンチなどをのせ、20分ほどかけて鉄板でじっくり焼き上げるのが特徴。溶け出したミンチの脂で、外はカリッと香ばしく、中はふんわりした食感に。濃厚で辛口の「カープソース」とも相性抜群!

(Hanako1123号掲載/Kanako Nakamura text:Haruka Koishihara)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る