洋食の王道オムライス、グラタン、ビーフシチューを堪能するなら。都内の洋食名店3軒で決まり!
2018.10.29

老舗で楽しめる洋食グルメ。 洋食の王道オムライス、グラタン、ビーフシチューを堪能するなら。都内の洋食名店3軒で決まり!

やっぱり大好きな昔ながらの洋食グルメ。子どもから大人まで、幅広い年代に愛されています。今回は、オムライス、グラタン、ビーフシチューを食べるならここ!というお店をご紹介します。ランチにもぴったりな名店の逸品です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.創建昭和9年のビアホール、2階。〈ビヤ&ワイングリル銀座ライオン 銀座七丁目店〉/銀座

重厚な店内で味わうのはほんのり甘い「フワトロ・オムハヤシライス」。ランチタイム(~15:00、土日祝~14:00)は1,000円。

(Hanako1142号掲載/photo : Mariko Tosa text : Miki Konno)

2.マカロニではなくスパゲッティ 特製ソースで味わう名物グラタン。〈CAFE仏蘭西屋〉/銀座

1981年創業。銀座で貴重な憩いの場所。

「ベーコンとアスパラのスパグラタン」1,030円(ランチ価格・税込)ミモレットチーズがパスタと絶妙に絡み合う。ランチタイム(11:00~16:00)はドリンクがセットに。ホワイトソースとトマトソースを合わせて作る特製ソースは、風味付けにニンニクが少量加わりスパゲッティと好相性。ベーコン、アスパラ、ミモレットチーズをトッピングし、285度の高温でサッと焼き上げできたてあつあつを提供している。

(Hanako1130号掲載/photo:Michi Murakami, Eriko Matsumoto text:Etsuko Onodera)

3.一週間かけて作り上げる至極の旨み〈ぱいち〉/浅草

名物の「ビーフシチュー」2,200円(税込)を始めたのは昭和40年頃。トマトピューレにウスターソース、牛すじに野菜を加えたソースは約1週間火にかけ、牛バラを投入。人参やじゃがいもなどの具材は別茹でし、注文を受けてからソースとあわせる。

(Hanako1144号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi Shoji text : Hiroko Yabuki)

ぱいち

ぱいち

  • とんかつ/洋食
  • 浅草駅
編集部

たまにはこってりな洋食が食べたくなる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る