下町で和スイーツを楽しもう!【浅草】街ブラしながら巡りたい甘味処5軒
2021.05.26

あんこに、抹茶がたまらない。 下町で和スイーツを楽しもう!【浅草】街ブラしながら巡りたい甘味処5軒

どこか懐かしい、趣のある下町で楽しみたいのが和スイーツ。今回は、街歩きにぴったりな優しい甘さのデザートをご紹介します。テイクアウトにイートインも、気分に合わせて楽しめるお店がそろっています。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈OHAGI3 浅草店〉

〈OHAGI3 浅草店〉

“モダンおはぎ”として季節感を彩りつつ月替わりで新たなフレーバーにも挑戦している。「サイズが大きくてあんこがズッシリ、というおはぎの概念が覆りました」(はなともさん)。有機ココナッツをまぶした純白色の「新月」(左上)や、白餡と赤餡を西尾抹茶が引き立てる「半月」(右上)など定番おはぎ1個220円(税込)。

〈OHAGI3(おはぎさん)浅草店〉
■東京都台東区浅草1-31-4
■03-5830-3103
■11:00~17:30(土日祝~18:00)不定休

(Hanako1193号掲載/photo : Kichi Fukuda, Natsumi Kakuto styling : Misa Nishizaki text : Ami Hanashima)

2.〈浅草 いづ美〉

浅草 いづ美
〈浅草 いづ美〉

「抹茶あんみつ」780円(税込)は抹茶寒天を抹茶蜜で味わう抹茶づくしのひと品。国産小豆を炊いた上品なつぶあんと共に。

(Hanako1144号掲載:photo : Takuya Suzuki text : Etsuko Onodera, Keiko Kodera, Wako Kanashiro)

3.〈梅園 浅草本店〉/浅草

梅園 浅草本店2
名物は創業から160年以上続く「あわぜんざい」(777円)(税込)
梅園 浅草本店1

名物は創業から160年以上続く「あわぜんざい」777円(税込)。滑らかなこしあんが餅きびの渋みを引き立てる。

(Hanako1144号掲載/photo : Tomo Ishiwatari text : Kahoko Nishimura)

4.〈あんみつ抹茶処 雷門まとい〉

あんみつ抹茶処 雷門まとい
あんみつ抹茶処 雷門まとい

人気は「和三盆ぷりんのあんみつ」1,080円(税込)。自家製プリンは固めで懐かしい味。ゆで小豆のあんと。

(Hanako1144号掲載/photo : Satoshi Nagare, Takuya Suzuki, Tomo Ishiwatari text : Etsuko Onodera, Keiko Kodera, Wako Kanashiro)

5.〈梅むら〉

梅むら
梅むら

豆かん発祥の甘味処。赤エンドウ豆のほどよい塩気があんと好相性。写真は「豆かんてん」470円のあんのせ+100円(税込)。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る