看板スイーツを目当てに訪れたい!都内で話題のおしゃれ食堂カフェ3軒
2018.10.20

喫茶店というなの「食堂」。 看板スイーツを目当てに訪れたい!都内で話題のおしゃれ食堂カフェ3軒

ごはんを食べに行くだけなんてもったいない!食後にも、デザート目当てでも、人気食堂で見つけたこだわりスイーツたちをご紹介します。ティータイムに訪れても楽しめる場所、それが今ドキのおすすめ食堂です!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈リラックス食堂 HARAJUKU〉/原宿

DMA-HK0_2639

食後にぜひ注文したいのが、自家製おはぎ(ランチセット100円、1個130円、3個セット350円。税込)。小さめサイズで、ちょっと甘いものが食べたい、という女子心を満たしてくれる。おはぎは常時3種類そろいます!

DMA-HK0_2658

「まちに開かれた社員食堂」をコンセプトに、管理栄養士が考案するメニューを提供。

(Hanako1156号掲載/photo : Hiromi Kurokawa text : Etsuko Onodera)

2.食後のデザートも罪悪感なし。豆腐を使ったヘルシースイーツ。〈BROWN RICE by NEAL’S YARD REMEDIES〉/表参道

HK0_2468_atari

「豆腐のレモンケーキ」750円(税込)は、国産大豆の豆腐にレモンの皮を加えてレアチーズ風に仕上げた一品。甘さ控えめヘルシーで、食後のデザートも罪悪感なく楽しめる。

HK0_2426_atari

野菜や玄米食を中心に、伝統的な和の文化を取り入れた体に優しい食を提案。

(Hanako1156号掲載/photo : Hiromi Kurokawa text : Etsuko Onodera)

3.喫茶という名の“食堂”。〈喫茶 クレッセント〉/南青山

201804020169
宇宙ドーナツ200円(右)とプリン250円(左)

食事だけでなくティータイムの利用にも魅力的な場所。

DMA-201804020131

店内をゆったり仕切る木製の調度や家具が落ち着いた雰囲気を醸し、カウンターの中では店主の野木早苗さんとスタッフが料理にいそしむ。

(Hanako1156号掲載/photo : Sakiko Nomura text : Chiyo Sagae)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る