人気パティスリーの絶品抹茶スイーツとは?抹茶フレーバーにアレンジしたフランス伝統菓子も。
2018.10.21

スイーツコーディネーターおすすめ。 人気パティスリーの絶品抹茶スイーツとは?抹茶フレーバーにアレンジしたフランス伝統菓子も。

人気パティスリーで食べたい、絶品抹茶スイーツとは?スイーツライター&コーディネーターのchicoさんが、おすすめのケーキとフランス伝統菓子を教えてくれました。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈EN VEDETTE〉の「RIN」/清澄白河

MG_0333

店に入ると、特注の琉球畳のテーブル、美濃和紙のランプが目に入る。

MG_0320

洋の空間に和のアクセントが効いた内装。性質の異なる要素が同居し調和を生むのは、森大佑シェフのつくるお菓子とまさに同義だ。「RIN」はそれを象徴する看板商品のひとつ。

「RIN」450円
「RIN」450円

「柚子クレームの鮮烈な香り、抹茶ホワイトチョコムースのまったりとした甘み、柚子ガナッシュの爽やかな後味と、口のなかで味わいが変化します」。

シェフの修業先のフランスで積極的に使われていた抹茶と柚子の組み合わせを、日本人として向き合い、追求した逸品だ。“凛”とした佇まいにシェフの静かな信念を感じる。

2.〈AVRANCHES GUESNAY〉の「コロンビエ テ ヴェール クレームオランジュ」/春日

MG_9971

パンテコート(復活祭の聖霊降臨の日)に食される南仏の伝統菓子コロンビエは、アヴランシュ・ゲネーの定番商品。そもそも和食材に興味がなかったという上霜考二シェフが、たまたま行った茶摘みで魅せられてしまった宇治抹茶を使ってつくったのが「コロンビエ テ ヴェール クレームオランジュ」。

「コロンビエ テ ヴェール クレームオランジュ」2,000円
「コロンビエ テ ヴェール クレームオランジュ」2,000円

フランス伝統菓子の抹茶バージョン!「伝統菓子を抹茶生地でつくるのは希少。親しみやすいフルーツのバタークリームとの組み合わせです」。

和の食材だからではなく、あくまでも純粋においしい食材であることが、シェフがその食材を使う理由だ。

chicoさん/スイーツライター&コーディネーター。『東京の本当においしいスイーツ探し』シリーズの監修のほか、共著に『東京最高のパティスリー』など。

(Hanako1126号掲載/photo:Jiro Fujita(photopicnic) text:Mick Nomura(photopicnic))

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る