ボリューム満点のお肉料理が大人気!雰囲気もいい東京のダイニングバー3軒
2018.10.17

がっつりお肉が食べたい日に。 ボリューム満点のお肉料理が大人気!雰囲気もいい東京のダイニングバー3軒

たまには思いっきりお肉を食べたいときもありますよね。そんなあなたにおすすめする、旨みがぎゅっと詰まったボリューム満点のお肉料理を楽しめるお店をご紹介!気軽に立ち寄れる雰囲気で、おいしい時間を過ごしてみませんか?
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.センス良いスパイス使いの料理。〈orangé〉/六本木

六本木 〈orangé〉

昨年春、オープン10年を機にリニューアルした〈orangé〉。店先に並ぶテラス席は、歩道との境に緑を並べることで、歩行者の目を気にせず過ごせる空間に。以前と変わらず、夜風が心地よい時間を演出する。

六本木 〈orangé〉
「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円

フードは料理家の栗原友さんが監修し、日本の食材や世界のスパイスを使い、国境を超えた厚みのある品々に食指が動く。トリュフが香るローストビーフバーガーやフレンチフライは、シャンパンを合わせて楽しみたい。「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円。時期により品種が変わるので、味の変化も楽しめる。

(Hanako1133号掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama text:Yumiko Ikeda)

2.気軽な雰囲気だって、肉をがっつり。〈両国テラス〉/両国

ryogoku-013

旧安田庭園を借景にしたテラス席が、冬場はコタツ席に大変身。幅広くメニューをそろえる中で、支持率が高いのはボリューム満点の肉料理。ランチはアスリート食堂定食970円(税込)など。

DMA-ryogoku-024
「USリブアイロースのグリル」(250g)1,750円

赤身と脂のバランスがよく、うま味が濃い!ガシガシと肉を食べたい欲を満たしてくれる。グレイビーソースが添えられてくる。

(Hanako1127号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

3.丁寧に作られた味わい。〈DAY & NIGHT〉/広尾

DAY&NIGHT-007

サンドイッチのおいしさに定評があるが、夕方4時からオンメニューする肉料理もファンが多い。グリラーで表面をバリッと焼き上げたラムは歯切れがいいやわらかさ。口の中で弾ける濃い肉の味がたまらない。鉄板でシンプルに調理した旬の野菜もご一緒に。

DMA-DAY&NIGHT-037
「ラムチョップグリル」1,540円

バルサミコを煮詰めたソースとレモンで。

(Hanako1127号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

TOPに戻る