こだわりコーヒーとお店自慢のスイーツを楽しみたい!都内のおすすめ喫茶店3軒
2018.10.16

コーヒー好き必見! こだわりコーヒーとお店自慢のスイーツを楽しみたい!都内のおすすめ喫茶店3軒

豆をひく音、ポットから立ち上る湯気、丁寧に淹れていくコーヒーのアロマ。喫茶店には何物にも代えがたい独自の雰囲気がありますよね。お店それぞれの美味しいデザートを香り豊かな味わい深いコーヒーと一緒に楽しんでみてはいかがですか?

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈コーヒーパーラー ヒルトップ〉/御茶ノ水

ホテルの喫茶室だが決して気取った雰囲気ではなく、温かみのある品の良さが魅力。

食器やシャンデリアはアンティーク調でまとめられ、レースマットもその一つだ。30年以上も使い込んでいるというヴィンテージ感が、日常使いの参考に。

近頃力を入れているペストリー。「苺のショートケーキ」550円。名物「水出しコーヒー」はケーキに+400円。

(Hanako1152号掲載:photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura)

2.初めてなのに思い出のよう。〈珈琲館 くすの樹〉/西東京

絵本に出てきそうな建物は、つい覗きたくなる佇まい。開店38年の人気店。

コーヒーはネルドリップとサイフォンの2種類から。理科の実験のようなサイフォンの抽出を眺めながら、コーヒーが届くのを待つひととき。

メロンやリンゴ、黄桃など色鮮やかなフルーツが美しくカットされた「昔ながらのプリンアラモード」740円は、オープン当初からある人気メニュー。すっきりとした味わいの「ソフト珈琲」450円(各税込)と合わせて。

(Hanako1150号掲載:photo:Nao Shimizu text:Yumiko Ikeda)

珈琲館 くすの樹

珈琲館 くすの樹

  • 喫茶店
  • 東小金井駅

3.コーヒーと共に過ごす、耽美な時間が流れるカフェ〈Hummingbird coffee〉/学芸大学

築60年以上経つ古い住宅の「魅力を活かしたかった」と店主。店内には真空管のアンプも完備。時間帯を選んで店になじむ心地よい音楽を流している。アンティーク家具と花が印象的な店内には、静謐な空気が流れている。

中目黒から拠点を移した自身の店では、縁のある焙煎家から仕入れた豆を使ったコーヒーを、好みを聞いて丁寧にハンドドリップ。コーヒーとの相性を追求したというスイーツもぜひ。オリジナルの「深煎りブレンド」550円、「自家製チーズケーキ」500円。クリームチーズをふんだんに使用した濃厚な味わい。

(Hanako1143号掲載/photo : Kanako Nakamura Michi Murakami text : Kimiko Yamada Yumiko Ikeda)

Hummingbird coffee

Hummingbird coffee

  • コーヒー専門店
  • 学芸大学駅
編集部

喫茶店ならではの空間で、特別なひと時を過ごしたい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る