DMA-nomu_0016
2018.10.13

ランチもディナーも大満足。 食欲を満たす街の気になるお店。【西荻窪】で注目を集める人気店3軒

西荻窪は飲食のレベルが上がっている注目エリア。個人経営の店も多く、オリジナリティが溢れています。アットホームで温もり感じる街で、ランチ、カフェ、ディナー、それぞれの時間帯で楽しめるお店をご紹介します。

1.ベトナムの家庭料理を定食やどんぶりご飯で。〈nôm cà phê〉

西荻窪 nôm cà phê

バランスの取れた食事をしたい時は、ランチも夜も定食スタイルが人気のベトナムカフェへ「白いご飯(ジャスミンライス)に甘じょっぱい惣菜を合わせる、ベトナム南部で日常的に食べている料理を知ってほしい」と、オーナーシェフご夫妻。国は違えどほっこりとやさしい家庭的な味わいは、おなかも気持ちもあたためてくれる、ひとりごはんの強い味方。夜にお酒なしで食事だけでも気軽に。瀧井智宏さん、りえこさんご夫妻。

「パクチーごはん」1,200円(税込)
「パクチーごはん」1,200円(税込)

ヌクチャム(ヌクマムベースのタレ)をかけて食べる。

「定番のベトナム定食A」 1,080円(税込)
「定番のベトナム定食A」 1,080円(税込)

メインは蒸した肉団子をトマトソースで煮た、「ベトナムシウマイ」。

黒砂糖を白玉団子で包んだバインチューイ6個400円(各税込)
黒砂糖を白玉団子で包んだバインチューイ6個400円(各税込)

(Hanako1151号掲載:photo:Michi Murakami text:Yumiko Ikeda)

2.創作料理はもちろん、こだわりコーヒも人気。〈三人灯〉

DMA-IMG_0266

味わい深い創作料理に旨い酒。良質な古書と音楽、こだわりのコーヒーも。

料理は「白菜とタラコのマリネ」「ホタルイカとフキノトウの和え物」「アンチョビガーリックポテト」
料理は「白菜とタラコのマリネ」「ホタルイカとフキノトウの和え物」「アンチョビガーリックポテト」

(Hanako1129号掲載:photo:Shin-ichi Yokoyama text:Lamp Kohmoto)

3.肉の濃厚な旨みを丁寧に焼き上げる。〈trattoria29〉

店内はイタリアンカラーで統一。
店内はイタリアンカラーで統一。

イタリアンカラーで統一。昼は肉を使ったサンドイッチ専門店〈3&1 Sandwich〉として営業している。前菜のシャルキュトリーからグリル、パスタまで肉尽くし!その中でも炭火焼きに使うのは、4週間ほど寝かせてポテンシャルを高めた熟成肉。肉の旨みが濃厚なので、岩塩でシンプルにどうぞ。

DMA-_75D6443

イタリアのトスカーナにある精肉店兼レストランで、肉の解体から調理までを学んだ竹内悠介シェフが、ストレートに肉のおいしさを伝える。肉の旨みと香りを引き出しながら繊細に焼き上げる。

「オーストラリア産アンガス牛ランプの炭火グリル」300g 3,000円。表面は美しいワイン色!
「オーストラリア産アンガス牛ランプの炭火グリル」300g 3,000円。表面は美しいワイン色!

表面は美しいワイン色! 

(Hanako1123号掲載:photo:Tomoo Ogawa text:Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る