tDMA-_W5A4790
2018.10.14

愛され続ける懐かしのパン! 浅草・神楽坂の人気老舗ベーカリーとは?ずっしり重い名物クリームパンは必食。

ずっしり重い名物クリームパンをはじめ、変わらない味にほっとする懐かしのパン。浅草・神楽坂の愛され続ける人気老舗ベーカリーを、パンラボ・池田浩明さんをナビゲーターにお迎えしてご紹介!

1.〈神楽坂 亀井堂〉/神楽坂

神楽坂を裏通りへと折れる。歩きながら思わず幸せな気持ちになるのは、趣ある町だからというだけではない。あの角を曲がると亀井堂がある。そう想像するだけで笑みがこぼれるのだ。

W5A5092

和菓子店として明治23年創業。パンを始めて21年たつ。

左が平日でも300個以上売れる「クリームパン」210円。右は「神楽坂バーガー 生姜焼き」310円。ほんのり甘いパンに、しょうゆ味の肉がよく合う。
左が平日でも300個以上売れる「クリームパン」210円。右は「神楽坂バーガー 生姜焼き」310円。ほんのり甘いパンに、しょうゆ味の肉がよく合う。

名物のクリームパンはずっしり重い。

W5A5066

ずっしりとしたクリーム。重みで形が崩れないよう、トングではなくヘラで取り分ける。

底から破れてはみだしてきそうなぐらい、クリームが詰め込まれている。齧ると中から甘さがあふれだす。その瞬間のうれしさを味わいたくて、神楽坂にくると路地を曲がってしまう。お客さんをよろこばせたい気持ちが、あんなにもクリームを入れさせるのだろう。

W5A5133

名物の亀マーク入り袋がかわいい。

2.〈ケーキショップ テラサワ〉

_W5A4633

浅草の裏通りにあるテラサワ。尻尾までクリームの入ったチョココロネが有名な店だが、私のお気に入りはミルクパン。

先までしっかりとクリームが入った「チョココロネ」120円
先までしっかりとクリームが入った「チョココロネ」120円

ほかに「生クリームコロネ」も人気で、持ち帰り用の冷凍もある。

クッキーだが名前は「ミルクパン」
クッキーだが名前は「ミルクパン」

しっとりした生地と甘酸っぱいあんずジャムは、昭和25年の創業当時から変わらぬ味。各130円。

写真を見てびっくりしないでほしい。パンでもないし、ミルククリームでもない。クッキーにあんずジャムがのっている。甘酸っぱさが、ミルク風味のクッキーのおいしさを引き出す。かわいい見た目も私を夢中にさせている。

なぜこれをミルクパンと呼ぶのか、ご主人に訊いたことがある。
「私にもわからないんですよね。生まれたときからそうだったから」

店主の寺澤長晴さん(写真右)いわく「安心して食べられるものにしたいから、ショートニングは一切使わずバターのみで作っています」。結婚前に、妻・実栄子さん(写真左)へコロネをプレゼントしたというチャーミングな一面も。
店主の寺澤長晴さん(写真右)いわく「安心して食べられるものにしたいから、ショートニングは一切使わずバターのみで作っています」。結婚前に、妻・実栄子さん(写真左)へコロネをプレゼントしたというチャーミングな一面も。

店主の寺澤長晴さん(写真右)いわく「安心して食べられるものにしたいから、ショートニングは一切使わずバターのみで作っています」。結婚前に、妻・実栄子さん(写真左)へコロネをプレゼントしたというチャーミングな一面も。

可笑しかった。でも、すごくいい話だと思った。肩肘張らず、伝統を守っている。さりげなく手に取ったものが、昔むかしの人が食べていたものと同じだなんて、とても楽しいではないか。浅草が、かつては東京で一等の繁華街だったと聞いても、いまではぴんとこないけれど、フランスの焼菓子みたいなこのおしゃれなクッキーに、その時代の記憶はとどめられているのだろう。

サンドイッチやコッペパンサンドのマヨネーズは自家製で、亜麻仁オイルと米油だけで作るというこだわり。
サンドイッチやコッペパンサンドのマヨネーズは自家製で、亜麻仁オイルと米油だけで作るというこだわり。

サンドイッチやコッペパンサンドのマヨネーズは自家製で、亜麻仁オイルと米油だけで作るというこだわり。

ドッグパンのラスク。1枚1枚ていねいに焼き上げる。
ドッグパンのラスク。1枚1枚ていねいに焼き上げる。

ドッグパンのラスク。1枚1枚ていねいに焼き上げる。

池田浩明/パンラボ主宰。パンを食べまくり、食べたパンについて書きまくる。最新刊に『おかしなパン』(山本ゆりことの共著、誠文堂新光社)。

(Hanako1128号掲載/photo:Yoichi Nagano text:Hiroaki Ikeda(essay), Kaori Hareyama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る