DK0_7593
2018.10.12

ヒーヒー汗をかきながら食べたい。 韓国グルメがやめられない!【新大久保】人気の熱々な激辛韓国グルメ3軒

「K-POP」ブームと同じく勢いが止まらない韓国グルメ!今回は韓国グルメ激戦区・新大久保で食べられる、熱々で激辛な韓国グルメのお店をご紹介。これからの寒さが厳しい季節にぴったりです!

1.魚介たっぷりのスープとモチモチ麺の名コンビ。〈香港飯店0410〉

MG_1559_atari

韓国料理なのに香港飯店!?と混乱しそうなこちらは、韓国の料理研究家、ペク・ジョンウォンさんが手がける韓国風中華料理店の日本進出第1号店。看板メニューは「韓国ちゃんぽん」。日本でいうラーメンくらい、本国ではメジャーな麺料理で、慣れ親しんだ味を求める韓国人客も多いとか。

「ちゃんぽん」800円
「ちゃんぽん」800円
MG_1593_atari

「ちゃんぽん」800円。付け合わせのタマネギ、チュンジャン(黒味噌)、たくあんと食べるのが韓国流。豚肉と野菜をチュンジャンで香ばしく炒めたソースを麺にのせた「チャジャン麺」700円(各税込)も人気。

真っ赤なスープには、強火でクタッと炒めた豚肉と海鮮、野菜がたっぷり。旨さと甘さが溶け込んでいるから、辛いのにまろやかで食べやすい。モチッとした自家製麺とスープの相性も抜群。テーブルにある赤唐辛子で、好みの辛さに調整してもOK。

(Hanako1161号掲載/photo : Mariko Tosa text : Yasuko Mamiya)

2.ヒーヒー汗をかきながら今こそ食べたいピリ辛鍋。〈松屋〉

韓国の伝統鍋「カムジャタン」の名店はこちらの老舗。
韓国の伝統鍋「カムジャタン」の名店はこちらの老舗。
DK0_7593

真っ赤に煮えたスープの素は、コラーゲンにえごま、ニンニクに唐辛子と、おいしいだけじゃなく健康や美容にもよさそうだ。ゴロゴロのじゃがいもと、じっくり煮込んだ豚の背骨を箸でホロホロと崩して食べる。2~3人前で3,000円(中)。つまみは、オモニ特製のキムチで決まり! 

3.じわじわくる辛さの奥に魚介の甘みがジュワッ!〈ジャジャン麺ハウス〉

親しみやすい店内。
親しみやすい店内。
DMA-DK0_7731

韓国式の中華料理店では、手延べ麺の絶品「チャンポン」900円が味わえる。一口目は魚介の風味が広がり、食べ進めるうちに唐辛子の辛みが存在感を発揮。刺激的ゆえ、油断してすすると確実にむせる。さらに辛さを求めるなら、唐辛子増しの「ゴチュチャンポン」1,200円を。

付け合わせのたくわんと玉ねぎは、中国味噌につけて。
付け合わせのたくわんと玉ねぎは、中国味噌につけて。
店自慢の手延べ麺。
店自慢の手延べ麺。

(1138号P88.89掲載/photo : Daiki Katsumata illustration : Mai Beppu text : Yukina Iida)

(1138号P88.89掲載/photo : Daiki Katsumata illustration : Mai Beppu text : Yukina Iida)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る