topATARI-1167_atari-1
2018.10.09

カレー後の大定番。 ミルクティーとスパイスの絶妙バランス!おいしいチャイが飲める東京都内のエスニック料理店3軒

ミルクティーにスパイスが効いたチャイは、カレー屋さんの食後の大定番。ちょっと脇役なチャイだけど、ファンは多し。今回はこれからの季節に訪れたい、知られざる都内のおいしいチャイをご紹介します!

1.すっきり爽やかなハーブとスパイスの香るチャイ。〈砂の岬〉/桜新町

ATARI-1218

「週に3日しか開いていない幻の店」と言われ、常に行列が出来ている人気店。インドカレーに魅せられた夫妻が時間と手間を惜しまず作るカレーはもちろん、食後にはぜひチャイを楽しんで。

ATARI-1167_atari

インドの聖なるハーブ、トゥルシー茶葉の高貴な香り。「トゥルシーチャイ」(冬季限定)650 円。

2.南インドのお家で楽しむ本格的なチャイ。〈南印度ダイニング ポンディ バワン〉/武蔵新田

MG_3666_atari

アントニーさんの出身地ポンディチェリのバワン(家)という名。本格的な南インド料理が楽しめる人気店。

DMA-IMG_5109

カルダモンとジンジャーをつぶし、ミルクと茶葉とともに煮出したチャイは昼150円、夜250円(各税込)。滝のようにチャイを注ぐパフォーマンスが目の前で楽しめる。大きな器で飲むとアロマ効果がより感じられておすすめ。

3.女性に優しいチャイは体を温めるジンジャーがたっぷり。〈SPICY CURRY 魯珈〉/新大久保

MG_2131_atari

国内のカレー屋を食べ歩いたという店主がひとりで切り盛りする〈魯珈〉。

DMA-_MG_2149

スパイシーカレー後にぴったりのあっさりジンジャーのチャイチャイに使うスパイスは、カルダモン、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ジンジャーだが、「女性に喜んでほしい」とジンジャー多め。体の芯から温めてくれる、寒い季節にはもちろん、夏でも嬉しい女性のためのチャイだ。200円。

(Hanako1145号掲載:photo : Mariko Tosa text : Miki Konno)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る