濃厚肉汁ハンバーグや、とろとろ卵のオムライス。【京都】人気が絶えない洋食グルメ4選
【PR】2018.10.10

老舗洋食屋の絶品グルメ! 濃厚肉汁ハンバーグや、とろとろ卵のオムライス。【京都】人気が絶えない洋食グルメ4選

京都に行ったら、必ずといって食べたくなるのは、やはりおばんざいや抹茶スイーツなどの和食グルメ!ですが...実は京都には、洋食グルメを味わえる老舗の洋食屋さんや行列の絶えないハンバーグ屋さんなど、ひっそり佇むいいお店がたくさんあるのです!今回はオムライス&ハンバーグラバー必見のお店をピックアップしてみました!次の京都の旅は洋食グルメをたっぷり堪能してみては?!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.行列が絶えないお店の絶品ハンバーグ!メガサイズ500gに挑戦してみて!〈GRILL DEMI〉/丸太町

DMA-IMG_2837

行列が絶えないハンバーグ専門店。

DMA-IMG_2881

香味野菜と果物4・5種、牛スジで煮込んだソースは自家挽肉のハンバーグと最高の相性。鉄板ハンバーグステーキ950円~。

(Hanako1141号掲載/photo: Hiroshi Matsui text: Kimiko Yamada)

2.知る人ぞ知る!密かな名店〈懐石・ステーキハウス やまと〉/山科

DMA-IMG_4539

肉料理を主役にしつつも、昼夜共に値打ちある和洋折衷の料理がそろう一軒。ハンバーグ(1,290円、税込)は昼の人気メニュー。要予約。

(Hanako1141号掲載/ photo: Kunihiro Fukumori, text: Mako Yamato)

3.開業当初は洋食喫茶だった唯一の名残を味わって。〈中華のサカイ 本店〉/新大宮商店街

DMA-_93A3498
オムライス730円

1939年に洋食喫茶として始まった店が戦後、中華料理店へと転身。「オムライス」だけが洋食メニューとして現存。鶏肉と玉ネギ入りのチキンライスを薄焼き卵で包んだシンプルなレシピと優しい味わいは70年以上変わらない。

93A0073

「中華そば」530円、「中華飯」730円など町の中華料理店らしいメニューがそろう。

(Hanako1141号掲載/photo: Koichi Higashiya, text:Awa☆Moriko)

4.ケチャップライスの上にはトマトやマッシュルームの入ったふわふわの卵焼き!〈グリル富久屋〉/宮川町

DMA-IMG_4399

明治40年に京極で開業し、その後宮川町に。お茶屋などへの仕出しを主に商う。

DMA-IMG_4405
名物フクヤライス。

名物フクヤライス880円のほか、洋食弁当やカツサンドといった懐かしい味が魅力的。

(Hanako1141号掲載/photo: Kunihiro Fukumori, text: Shinobu Nakai)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る