_DSC2768.eps
2018.10.07

どうしても買っていきたい手みやげ。 愛され続ける老舗和菓子店の味にほっこり。東横線沿線エリアのおすすめ和菓子3選

他にはないお菓子や気の利いたおみやげが集まる東横線沿線。シーンを分けて選びたい、センスの光るお店がたくさん!たまには自分のご褒美も…なんてことがあってもいいんじゃない?

1.贈る相手を選ばないナッツ入りの餅菓子〈御菓子所 ちもと〉/都立大学

DSC9425

1965年創業の甘味処。軽井沢の〈ちもと総本店〉からのれん分けするかたちでスタートした。名物の「八雲もち」は1 日1000個以上売れる人気商品。夕方頃には売り切れることもあるので、早めに訪れたい。

「八雲もち8個入り」(竹籠)1,690円
「八雲もち8個入り」(竹籠)1,690円

「八雲もち8個入り」(竹籠)1,690円。卵白を寒天で固めたメレンゲに、コク深い黒砂糖が混ぜられた餅菓子。甘さ控えめで、とろけるような食感の生地の中に、粗く砕いたカシューナッツが入っている。一人ずつへ配りやすい個包装で、竹の葉を三角形に畳んだ姿は、老若男女問わず喜んでもらえそう。日本茶と相性がよく、お茶うけにも最適。冷蔵保存する場合は食べる前に常温に置いておくと、とろけるような食感が再現できる。

〈御菓子所 ちもと〉
■目黒区八雲1- 4-6
■10:00~ 18:00(イートイン~17:30)/木休 

(Hanako1120号掲載:Photo:Maki Ogasawara text:Chihiro Kurimoto)

2.老舗和菓子店で味わえる上品な甘さの豆大福。〈つ久し〉/都立大学

DMA-_DSC2872

1949年創業。昔ながらの佇まいを残す老舗和菓子店。

こちらの名物は、豆大福190円(税込)
こちらの名物は、豆大福190円(税込)

軟らかい餅生地に練りこまれた大粒の黒豆と、程よい塩気、自然な甘みのつぶあんが、絶妙なバランス。

(Hanako1120号掲載:photo:Maki Ogasawara, Nagahide Takano text:Chihiro Kurimoto)

3.老舗和菓子店がコラボで自由が丘を盛り上げる!〈亀屋万年堂 自由が丘駅前店〉/自由が丘

_DSC0040

創業から78年。日本を代表する老舗和菓子店〈亀屋万年堂〉が初のコラボレーション商品をリリースする。相手は〈自由が丘ベイクショップ〉。約1年間の開発期間を経て、できあがったのが「亀屋のあんぱん」だ。創業以来、そのクオリティを磨き上げてきた“あんこ”を使って、より多くの人たちに喜んでもらえる商品を、という思いでスタート。〈亀屋万年堂 自由が丘駅前店〉のみの限定販売となる。

DMA-_DSC2768

あんことして使っている北海道産の小豆に加え、金時豆、青えんどう、赤えんどう、手亡豆、ひよこ豆の6 種類の豆を使用。甘さを上品に引き立てるため、塩豆ものせた。1個300円。

(Hanako1120号掲載:photo:Nagahide Takano text:chico)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る