top5823_atari
2018.12.30

夜はおいしい酒で乾杯。 京都グルメを気軽に楽しめる!【京都】リーズナブルで美味しいおしゃれ居酒屋。

京都で過ごす夜は美味しいお酒を嗜みながら、京料理のエッセンスや地元食材を取り入れた料理をいただきたいもの。今回は、日常使いから京都旅行にもぴったりな居酒屋をご紹介します。

1.“和”なクラフトビールと新発想のアテ。〈スプリングバレーブルワリー京都〉/河原町

6014_atari

オープン1周年を迎え、メニューをリニューアルしたブルワリーパブ。実山椒のフレーバーなど、京都限定を含む多彩なクラフトビールと、料理とのペアリングが楽しめる。

6032_atari

白ワインのような味わいの「on the cloud」780円ほか約12種のビールをそろえる。

6021_atari

オススメメニューは、「マッシュルーム、とろろ昆布、生麩のアヒージョ」。京都名物を洋風にアレンジしたアテもたまりません。生湯葉と自家製セミドライトマトのカプレーゼ、マッシュルームととろろ昆布、生麩のアヒージョ各800円

〈スプリングバレーブルワリー京都〉
■京都府京都市中京区富小路通錦小路上ル高宮町587-2
■075-231-4960
■11:00~23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)、日~22:00/無休
■134席/分煙

2.割烹の味と居酒屋の心地よさが融合。〈めいてい〉/河原町

5842_atari

祇園の名だたる割烹〈千花〉出身の店主による和食店。メニューはその日に仕入れた旬の食材によって構成。お店は寺町と御幸町の間の路地にある。30代前後の女性客が多い。割烹仕込みの単品料理を500円から手頃に楽しめるのが魅力。

5835_atari

カウンターのみだが、店主は若くて気さくな雰囲気で、気負わずに利用できる。秋田の日本酒「翠玉」1合1,200円

5823_atari

15時から営業しているので、遅めのランチやハシゴ酒にも。秋のおすすめは脂がのった鱧や鰯(いわし)。鱧の焼き霜1,000円、茄子と鳥の梅煮、鰯の幽庵焼き各600円

〈めいてい〉
■京都府京都市中京区円福寺前町277
■075-221-2750
■15:00~23:00/不定休
■11席/喫煙

3.センスあふれる野菜料理をアテに。〈酒場トやさいイソスタンド〉/四条烏丸

5909_atari

自社農園野菜を使った創作料理が大人気の居酒屋チェーン〈五十棲(いそずみ)〉の最新店。2018年7月にオープン。オープンエアが心地よい立ち飲みスペースが人気。

5882_atari

2階建ての町家を改装した空間には、立ち飲み、カウンター、テーブルを備え、使い勝手抜群。新生姜のシロップを使ったシャンディガフ650円などドリンクにも野菜が登場。

5871_atari

トマトや九条ネギをおろしてタレにするなど、野菜使いが巧み。アジフライトマト醤油1,100円、自家製レーズンバターと八つ橋600円ほか。

〈酒場トやさいイソスタンド〉
■京都府京都市中京区蛸薬師室町西入ル姥柳町190-2
■075-585-5613
■16:00~24:00(23:30LO)/無休
■56席/1F禁煙、2F喫煙

(Hanako1164号掲載:photo : Makoto Ito text : Ai Kiyabu)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る