地元民からも大人気〈鳳舞楼〉の魅力に迫る。あっさり軽やかな味わいの京都中華とは?
2018.10.16

味にシビアな京女も太鼓判! 地元民からも大人気〈鳳舞楼〉の魅力に迫る。あっさり軽やかな味わいの京都中華とは?

中華と聞くと、ちょっとヘビーな印象。そのイメージをくつがえすのが、あっさり軽やかな味わいの京都中華。ここでは、京風広東料理を楽しめることで人気の、〈鳳舞楼〉にクローズアップ!人気と美味しさの秘密に迫ります。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

手間と技を惜しまず注いだ、京風広東料理を伝承する〈鳳舞楼〉

京都御所のほど近く。中華料理店らしからぬシックなのれん。店主の相場哲夫さんは、今はなき京都中華の草分け〈鳳舞〉で研鑽を積んだ直弟子の一人。その屋号とともに、多くの食通を魅了したレシピを受け継いだ。

カウンター6席のほか、テーブルと小上がりのある2階も。

オススメメニューの美味しさの秘訣とは?

〈鳳舞〉直伝のシューマイに欠かせないのがクワイ。粗みじんにして加え、食感のアクセントに。

春巻の皮は卵を加えた生地を一枚一枚手焼き。揚げるとふっくら、サクッとしてリッチな風味。

「撈麺」850円(全て税込)

からし酢醤油であえた麺に、野菜と鶏肉、エビを加えた熱々のあんをかけて。鼻がツンとなるメリハリがいい。あんは、仕上がり間際にレタスを加えてシャキッとみずみずしい食感に。

「焼売」570円

肉の旨みたっぷりのタネを包む、見えないほど薄い皮も自家製。クワイのシャキシャキした歯ざわりが後を引く。

「韮黄春巻」1,100円

タケノコやニラが詰まった、食べごたえある一品。皮がさっくり歯切れよく、ボロボロにならない。

伝統を守る一方で、麺は風味の豊かなセモリナ粉を加えて自家製麺にしたり、坦々麺に生ハムを合わせたりと、オリジナルの境地をも追求している。


〈鳳舞楼〉

■京都府京都市上京区新町通中立売下ル仕丁町327-7
■075-555-5568
■11:30~14:00LO、17:00~20:00LO/火休
■30席/喫煙


(Hanako1164号掲載:photo : Noriko Yoshimura text : Aya Honjo)

鳳舞楼

鳳舞楼

  • 中華
  • 京都府
編集部

あっさり、はんなりとした仕上がりながら、決して「薄い」わけでは ないのは、細やかな仕込みと工夫の 賜物なのだと実感できます。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る