東京郊外の実力派スイーツ!おいしいフォトジェニックパフェを楽しめる千葉・静岡のカフェを発見。
2018.10.04

遠くても訪れたくなる味。 東京郊外の実力派スイーツ!おいしいフォトジェニックパフェを楽しめる千葉・静岡のカフェを発見。

近年、注目されているのが郊外のパフェ。地元の食材やそこでしか見られない絶景、パティシエの個性などを存分に活かしたお店を発見しました!期待を裏切らない最先端パフェを食べにショートトリップに出かけよう!訪問前にSNSで営業状況の確認を忘れずに。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.芋、黒ごま、紅茶による香りのハーモニー。〈256nicom〉/新検見川

DMA-_MG_1152

「地元千葉でこだわりパフェの店を」と2017年7月にオープン。

d55cc10ccdc7a18a9604222490a564d0

「さつまいものパルフェ」は、「紫芋のスイートポテトから始まり、『シルクスイート』と黒ごまのジェラート、きなこプリンに紅茶のジュレなど、幾層にも重なる香りが見事」と斧屋さん。芋のつるに見立てたミントの葉もさわやか。1,200円(税込)

(Hanako1146号掲載:photo:MEGUMI (DOUBLE ONE), Kenya Abe text & edit : Eri Tomoi)

2.海にもパフェにもうっとりの絶景カフェ。〈Restaurant&Sweets 花の妖精〉/熱海

18641cdb0c84ec87ae8715f594650f46

熱海の名勝、錦ヶ浦の断崖に位置し、水平線を一望!

c24ada7e287e67a3716c73ca799d15ac

季節のパフェは、パティシエとソムリエが一緒に開発し、食べ進むごとに、甘みや酸味、苦みなどの味わいが織り重なり、最後まで食べ飽きない一品。自家製アイスも美味。右・「イチゴのパフェ」1,300円、左・「栗のパフェ」1,400円(各税込)

(Hanako1146号掲載:photo:MEGUMI (DOUBLE ONE), Kenya Abe text & edit : Eri Tomoi)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る