_MG_9826.eps
2018.10.02

心は旅行気分。 ちょっとディープなエスニック料理に挑戦!都内の美味しいアジアンエスニック専門店3軒

クセになる味が堪らないエスニック料理。アジア各国においしい名物料理があるけれど、東京にいながら現地の味が楽しめる場所が実はたくさんあるんです!アジア料理好きはもちろん、まだ挑戦したことがない人にもおすすめしたいお店です。

1.ペナン島出身の家族による正真正銘ペナンの味。〈Penang Restaurant〉/芝公園

MG_9839_atari

日本でホテルのコックやラーメン店の経験を積み自店をオープン。

DMA-_MG_9826

ペナンの名物であり同店の名物でもある「アッサムラクサ」(前・980円)も、野菜やフルーツにピーナッツソースを合わせたサラダ「ロッジャ」(奥・550円)も、甘さ、辛さ、酸っぱさが複雑にバランスのとれた南国らしさ。ソースもすべてが手作りで、丁寧な仕事ぶりに裏付けされている味だ。
(Hanako1140号掲載:photo:Jiro Fujita text:Mick Nomura edit : Mick Nomura)

2.サラダやデザート、飲み物がセットのランチはかなりお得! 〈MALAY KAMPUNG〉/茅場町

MG_0221_atari

少年の頃から親戚の屋台を手伝っていたという料理経験豊富なチャーさんが故郷の屋台の味を再現。

DMA-_MG_0202

ココナッツミルクで炊いたごはんと甘辛く煮たイカンビリス(煮干し)などを混ぜて食べる「ナシレマ」(右・1,000円)も、ピーナッツソースを絡めた焼き鳥「サテー」(左・800円)も、マレーシア人が大好きな国民食。ハラール肉使用店。

(Hanako1140号掲載:photo:Jiro Fujita text:Mick Nomura edit : Mick Nomura)

3.本場の味を堪能できるミャンマー料理の老舗。〈Mingalaba〉/高田馬場

MG_0321_atari

東京のミャンマータウン・高田馬場の最老舗。

DMA-_MG_0301

ミャンマーでは朝食として食べられる「モッヒンガ」(右・1,000円)は、なまずのスープのうまみが体に染みわたる。レモンを加えてさわやかに味わうのもまたよし。「ジントウ」(左・700円)は、カリカリに揚げたニンニクとゴマとピーナッツがアクセントの発酵ショウガと豆のサラダ。ミャンマーのサラダといえばラペットゥが有名だが、現地ではこちらも同じくらい定番だ。

(Hanako1140号掲載:photo:Jiro Fujita text:Mick Nomura edit : Mick Nomura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る