DMA-_MG_0035_s
2018.09.28

喫茶店のパフェに惹かれて。 チョコレートパフェが自慢!レトロな店内で昔ながらの味を楽しめる、東京都内のおすすめ喫茶店。

喫茶店のメニューには欠かせないチョコレートパフェ。アイスはもちろん、溢れんばかりの生クリームにコーンフレークも大切な要素。今回は、日常が感じられる空間でいただける、値段もリーズナブルなチョコレートパフェを提供する喫茶店をご紹介。ぜひ一度、喫茶店のパフェの魅力に触れてみては?

1.シェアしてこそ楽しめるパフェ。創業当時と同じ価格なのも魅力。〈王様とストロベリー〉/武蔵小山

武蔵小山 王様とストロベリー

創業1985年。無添加、無着色の素材を厳選したケーキ類も人気。

「誰かと分かち合える看板メニューを」と考案したのがジャンボパフェ。
「誰かと分かち合える看板メニューを」と考案したのがジャンボパフェ。

「誰かと分かち合える看板メニューを」と考案したのがジャンボパフェ。中はソース+ソフトクリーム+コーンフレークが4層。最後にプリッツを2本立て2人でシェアするのも歓迎。大人数でシェアするなら高さ60㎝・3.5㎏のキングパフェもあり。600円(税込)。

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Kimiko Yamada)

【閉店情報あり】2.あだち充氏など有名漫画家も御用達。地元の人に愛される山小屋風喫茶店。〈喫茶アンデス〉/練馬

DMA-_MG_0239

練馬に誕生して45年。開放的なこの店では本棚に並ぶ日焼けした本も名物。ナポリタンやハンバーグなど食事メニューも充実。

DMA-_MG_0035

喫茶店が大好きな難波さんが好きな「日焼けパフェ」はチョコレートアイス3個にチョコクリーム、トップに麦チョコをのせた黒ずくめのメニュー。コーンフレークと混ぜて召し上がれ。500円(税込)。

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る